Hayabusa鬼掛へらワークスアングラー 斉藤心也 のオフィシャルブログです。商品開発や釣行、トーナメントへの参加など日々の活動を更新致します。是非ご覧下さい。

ひだ池「1月度月例大会」【1/25(土)】

201401 / 27
1/25(土)は愛知県豊田市にある

「ひだ池」に行って来ました。

ひだ池25 

この日は毎月第4土曜日に開催されている

池主催の月例大会の開催日で

参加する為に友人達と共に

久しぶりに同池を訪れました。

この池は、僕の家から片道250km以上もあるので

なかなか行く事が出来ませんが

環境が良く良型が釣れるので

大好きな釣り場です。

この日はAM2:30に家を出発し

途中の御在所サービスエリアで朝食を済ませながら

ひだ池 

ゆっくりと向かいつつ5時半過ぎには

池の駐車場に到着していました。

チョッと早く着き過ぎて外は真っ暗でしたが

すでに、かなりの参加者が集まっています。

ここで先に到着していた

愛知県の友人達を見つけ

情報収集をしていると

入場抽選の時間が迫ってきました。

事務所に向かい受付を済ませます。

この日の大会参加者は過去最高の76名。

この日の指定場所は

新桟橋の水道管より手前の座席(両面)で

6:30の入場順の抽選で引いた番号順に

指定場所内の好きな釣り座に入釣出来ます。 

抽選の結果は76名中37番目と真ん中あたりの番号。

しかし友人達のほとんどは

20番以内の入場で僕が1番最後の入場でした・・・

一緒に並んで座れるか微妙な感じでしたが

友人達が僕を気遣い

人気のないポイントに入釣してくれたおかげで

並んで座る事が出来ました。

ひだ池2  

僕が座った場所は

新桟橋外向き奥の№84。

後ろ向きの旧桟橋向きは水深があり人気ポイントですが

僕が座っている岸向きの奥は

対岸との距離が狭くなっているので
 
水深が浅く人気がありません。

結局、僕より先の外向きには

2人しか座りませんでした。

ひだ池23 

早速、準備に取り掛かります。

この池の常連である友人達が薦めてくれた

11尺チョーチンセットで開始しようと

11尺を継ぎ念の為に底を測ってみると

ピッタリチョーチン底・・・  
浅い・・・

仕方ないので、そのまま底を測り

段底から開始することにしました。

ひだ池4

◆タックル◆
竿:11尺(普天元独歩)
棚:竿一杯の底釣り(下鈎3cmずらし)
道糸:へら侍童心0.8号
上ハリス:へら侍童心0.5号/10cm
下ハリス:へら侍童心0.3号/70cm
上鈎:鬼掛「極ヤラズ6号」
下鈎:鬼掛「喰わせヒネリ2号」
ウキ:仁成作 段底用PCムク11号
*エサ落ち目盛は6.5目盛だし


◆バラケエサ◆
粒戦100cc
水200cc   *ドロドロにして10分放置
セット専用バラケ200cc
底バラ200cc
パウダーベイトスーパーセット100cc
*30回程かきまぜたら完成

◆クワセエサ◆
感嘆20cc
水25cc
*フタ付きの計量カップに入れてシェイクする(練らない) 

ひだ池3  

底の形状は凸凹している上に

沖と左が浅くなる逆かけ上がり・・・

さらに運が悪い事に水深の深い方に

流れてしまう最悪な流れ・・・

短竿のチョーチンセットに変更しようか

迷いましたが大会開始のアナウンスが流れたので

取りあえずは段底でスタートすることにします。

ひだ池5 

開始後、1時間はノーピク状態・・・ 

後ろの旧桟橋向きに座っている人達は

開始15分程でポツポツと竿を絞りだしましたが

僕の周りは全員ボウズ・・・

場所選定を失敗したと思い始めた頃

右隣で9尺チョーチンセットをしている

友人の1人が1枚目のへらを釣り上げます。

ひだ池8 


続く・・・
鬼掛へらブログ
プロフィール
【生まれ年】
1977年
【住まいの地域】
兵庫県三木市
【自己紹介】
(株)ハヤブサ社員 販売促進課
(鬼掛へら開発担当)
繊細でテクニカルな釣技と爆発力を兼ね備えたセンス溢れる釣が身上のトップトーナメンター。へら業界では今までなかったワークスアングラーとして、様々な大会に参加する傍ら、ハヤブサ社員として鬼掛へらの商品開発を手がける。
【戦歴】
2002年 マルキューチョーチン王座決定戦 3位
2003年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2004年 ダンクラブ対抗戦 優勝
2005年 シマノジャパンカップ 7位
2006年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2011年 ダイワへらマスターズ 3位
【へら釣りのきっかけ】
釣り好きの父と良く通っていた鯉の釣堀の隣に、へらの釣堀があったので試しに始めてみた事がきっかけ。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カテゴリ
リンク