Hayabusa鬼掛へらワークスアングラー 斉藤心也 のオフィシャルブログです。商品開発や釣行、トーナメントへの参加など日々の活動を更新致します。是非ご覧下さい。

甲南へらの池「1月度月例大会」【1/13(月)】Ⅱ

201401 / 18
続き・・・

甲南16 

昼食時に情報収集すると

ほとんどの参加者が1~2枚の釣果で

ボウズの人も多数いる様子・・・

3枚でも良い方でしたが

トップ集団はグルテンを使った段底や

両グルテンやセットの底釣りで

7~8枚くらい釣っているようでした。

甲南4 

へらバックの中にグルテンが入ってなかったので

車から「わたグル」を1袋だけ取り出し

念の為、へらカバンの中に放り込んでおきます。

甲南10 

午後からも、とりあえず午前中と同じ釣り方で再開。

サワリは10分程で、たまに出るようになってきましたが

良いアタリはなかなか出ません・・・

仕方ないので小さい変化を合わせるのですが

糸ズレのようでスレや空振りばかり・・・

1時間以上経過しても1枚も釣れませんでした。

甲南18 

ここで「わたグル」の存在を思い出し

試しに作ってみることにします。

◆クワセエサ◆
わたグル40cc
水40cc
*20回程かき混ぜ10分程、放置したら完成

甲南22 

タックルやバラケエサの変更は行わず

このグルテンを直径5~6㎜と小さく鈎付けし

エサ打ちを再開すると2投目にはアタリ出し

3投目には800gクラスの新べらが釣れてきました。

甲南20 

その後はヒットしないものの

アタリの量は倍増し毎回のように

サワリが出るようになっていきます。 

そして30分後に同サイズの良型を追加。

甲南21 

しかしアタリがある割にヒット率が悪く

カウントはなかなか進みません。

最後までアタリは続きましたが

その後は2枚追加するに留まり

午後からの釣果は4枚。

合計は3.6kg(7枚)で

大会終了時間を迎えてしまいました。 

甲南19     

結果は51人中17位。

1位は2号桟橋3号向き最奥で

15尺段底グルテンセットで6.2kg。

2位は2号桟橋3号向き手前で

11尺段底ウドンセットで5.7kg。

3位は2号桟橋1号向き1番手前で

15尺のバランスの底釣りグルテンセットで5.6kg。

と、かなり厳しい釣果の大会となったのでした。


甲南17
鬼掛へらブログ
プロフィール
【生まれ年】
1977年
【住まいの地域】
兵庫県三木市
【自己紹介】
(株)ハヤブサ 鬼掛運営課
(鬼掛へら開発担当)
繊細でテクニカルな釣技と爆発力を兼ね備えたセンス溢れる釣が身上のトップトーナメンター。へら業界では今までなかったワークスアングラーとして、様々な大会に参加する傍ら、ハヤブサ社員として鬼掛へらの商品開発を手がける。
【戦歴】
2003年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2004年 ダンクラブ対抗戦 優勝
2006年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2011年 ダイワへらマスターズ 3位
2014年 ダイワへらマスターズ 3位
2015年 ダイワへらマスターズ 3位
2016年 ダイワへらマスターズ 優勝
【へら釣りのきっかけ】
釣り好きの父と良く通っていた鯉の釣堀の隣に、へらの釣堀があったので試しに始めてみた事がきっかけ。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カテゴリ
リンク