Hayabusa鬼掛へらワークスアングラー 斉藤心也 のオフィシャルブログです。商品開発や釣行、トーナメントへの参加など日々の活動を更新致します。是非ご覧下さい。

甲南へらの池【1/12(日)】Ⅱ

201401 / 16
続き・・・

甲南12 

昼食に中華ソバを食べて

体が温まった所で午後からも

同じ11尺の段底で再開します。 

甲南25 

午後もアタリだしまでに

40分程かかり、ようやく1枚目。

甲南19 

その後は午前中同様

時間2枚程の超スローペースで

釣れ始めました。

甲南20 

ヒットパターンは午前中と全く同じ。

基エサのバラケを半分に分け

手水で若干練ったエサを

1.2×1.7cm程に鈎付けし

トップを4目盛程なじませます。 

甲南23  

10秒程でバラケエサは完全に落ちますが

早い段階ではあたらず

ジッと待っていてもウキが流され

シモッてしまうだけなので

サワリがない時は

縦誘いを繰り返しながら待ちます。

甲南22  
 
アタリの出るタイミングは遅く

10回近く縦誘いをした後で

下鈎が完全に張った直後に

半節程「モゾッ」と入る物が多く
 
早いアタリはほとんどありませんでした。

甲南21

釣れるペースは相変わらず

スローペースで時間2枚程・・・

しかし周りは全く釣れていないので

我慢して同じパターンで通しました。
 
甲南28

このパターンで昼食後から

納竿の16時までの釣果も7枚。

検量の結果は6.4kg(14枚)で

僕が1位となりました。
 
甲南29

2位は15尺の段底で4.8kg。

3位は8尺チョーチンセットで4.5kg 。

と当日は、かなりの喰い渋りで

0~1枚の釣果も数名出て

厳しい釣行となってしまったのでした。

甲南24 
鬼掛へらブログ
プロフィール
【生まれ年】
1977年
【住まいの地域】
兵庫県三木市
【自己紹介】
(株)ハヤブサ 鬼掛運営課
(鬼掛へら開発担当)
繊細でテクニカルな釣技と爆発力を兼ね備えたセンス溢れる釣が身上のトップトーナメンター。へら業界では今までなかったワークスアングラーとして、様々な大会に参加する傍ら、ハヤブサ社員として鬼掛へらの商品開発を手がける。
【戦歴】
2003年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2004年 ダンクラブ対抗戦 優勝
2006年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2011年 ダイワへらマスターズ 3位
2014年 ダイワへらマスターズ 3位
2015年 ダイワへらマスターズ 3位
2016年 ダイワへらマスターズ 優勝
2017年 シマノジャパンカップ 優勝
【へら釣りのきっかけ】
釣り好きの父と良く通っていた鯉の釣堀の隣に、へらの釣堀があったので試しに始めてみた事がきっかけ。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カテゴリ
リンク