Hayabusa鬼掛へらワークスアングラー 斉藤心也 のオフィシャルブログです。商品開発や釣行、トーナメントへの参加など日々の活動を更新致します。是非ご覧下さい。

隼人大池【12/31(火)】

201401 / 09
12/31(火)は埼玉県南埼玉郡白岡町にある

「隼人大池」に行ってきました。

隼人2 

毎年この時期は埼玉の実家に帰省しているので

大晦日は地元の友人達と「隼人大池」で

釣りをするのが恒例となっています。

隼人 

この日は朝から風も無く晴天。

最高の釣り日和です。

予約してあった旧池の東向き中央付近に

友人達と並んで座る事にしました。

隼人5 

まずは、この時期の旧池の定番 

10尺の段底で開始しますが

2時間近くやって糸ズレサワリが3回だけ・・・

同じく段底をしている友人達も

ほとんどアタリがないと言っているので

オデコになりそうな気配が満載です・・・

さすがに大晦日にオデコでは

気分が悪いので昨年はソコソコアタリのあった

浅棚セットで再開することにしました。

隼人3 

◆タックル◆
竿:9尺(神威)
棚:1m(ウキゴム~オモリまで)
道糸:へら侍童心0.6号 
上ハリス:へら侍童心0.4号/7cm
下ハリス:へら侍童心0.3号/30cm
上鈎:「軽量極ヤラズ5号」
下鈎:「喰わせヒネリ2号」
ウキ:巧実コデオPCムク4.5号
*エサ落ちは3目盛だし
20131209132332810.jpg

◆バラケエサ◆
粒戦100cc
セットガン100cc
水200cc   *ドロドロにして10分放置
セット専用バラケ200cc
パウダーベイトスーパーセット200cc
*30回程かき混ぜたら完成

◆クワセエサ◆
感嘆20cc
水25cc
*フタ付きの計量カップに入れシェイクして仕上げる(練らない)

隼人6 

この釣り方に変更すると

30分程でウキが動き出し

程なくして嬉しい1枚目が釣れてきました。

隼人7 

アタリは下鈎が張った直後の

明確に「ツン」と入る物で

40cm級の大型のへら鮒。

その後、アタリは続きませんが

たまにアタリがあり

1枚を追加して2枚とした所で

昼食の用意が出来ましたと

放送が入ったので友人達と

事務所に向かう事にします。

隼人8  

昼食後も同じ釣り方で再開すると

20分程でウキが動き出し

すぐに釣れ始めました。

隼人13 

隼人16 

ヒットパターンは午前中と同じ

下鈎が張りきった直後のアタリで

バラケは水面近くで抜いてしまった方が

アタリは貰えたように感じました。

隼人14 

ほとんどの投はアタリがなく

サワリも時折しかありませんでしたが

ポツポツと時間2枚前後のペースで釣れ

午後からの釣果は8枚。

隼人15 

合計10枚で15時の納竿時間を迎えます。

チョッと物足りない枚数でしたが

久しぶりに地元の友人達と釣りを出来たので

楽しい大晦日となったのでした。


隼人11
鬼掛へらブログ
プロフィール
【生まれ年】
1977年
【住まいの地域】
兵庫県三木市
【自己紹介】
(株)ハヤブサ 鬼掛運営課
(鬼掛へら開発担当)
繊細でテクニカルな釣技と爆発力を兼ね備えたセンス溢れる釣が身上のトップトーナメンター。へら業界では今までなかったワークスアングラーとして、様々な大会に参加する傍ら、ハヤブサ社員として鬼掛へらの商品開発を手がける。
【戦歴】
2003年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2004年 ダンクラブ対抗戦 優勝
2006年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2011年 ダイワへらマスターズ 3位
2014年 ダイワへらマスターズ 3位
2015年 ダイワへらマスターズ 3位
2016年 ダイワへらマスターズ 優勝
【へら釣りのきっかけ】
釣り好きの父と良く通っていた鯉の釣堀の隣に、へらの釣堀があったので試しに始めてみた事がきっかけ。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カテゴリ
リンク