Hayabusa鬼掛へらワークスアングラー 斉藤心也 のオフィシャルブログです。商品開発や釣行、トーナメントへの参加など日々の活動を更新致します。是非ご覧下さい。

宮川園月例決勝大会【12/8(日)】Ⅲ

201312 / 13
続き・・・ 

宮川園3

昼食後は段底では釣れる気がしなかったので

竿を7尺に変え1m弱の棚で再開します。

タックルは朝一の9尺のタックルと同じですが

ウキが動かないのを予想して

下鈎を「喰わせヒネリ2号」の50cmにして

再開しました。

宮川園16 

魚の気配を感じたのは

再開後、20分程経ってから・・・

しかし、弱いサワリがあるのですが

決めアタリにはなりません。

そこで下ハリスを60cmに伸ばすと

その1投目に豪快な消し込みアタリで

1枚目がヒットしてきました。

宮川園14

上鈎に・・・  

しかし、その後は

全くアタリが無くなってしまいます。

宮川園27

周囲で釣れているのは

15尺前後の両ウドンや両グルテンの底釣りだけで

たまに11尺前後の浅棚セットの人が絞るのみ・・・

長竿の底釣りはスコープを持っていなければ

ウキがほとんど見えないのでパス・・・

そこで残り時間は1時間チョッとでしたが

ダメ元でギリギリ、ウキの見える

10尺で浅棚セットをしてみる事にしました。

宮川園19 

タックルは9尺の時と、ほぼ同じで

下鈎を「喰わせヒネリ2号」の60cmにして再開します。

すると10分程でアタリ

その後も魚の気配が続きます。

7尺の時に比べて明らかに魚の量は多い感じ・・・

宮川園20

しかしハリスを詰めてしまうと

動きが無くなってしまうし60cmのままでは

糸ズレアタリが多く中々ヒットしてくれません。

色々試しましたが15時までに

3枚を追加するのみで

大会終了時間を迎えてしまいました。

 宮川園24

検量の結果は3.8kg(9枚)と超貧果・・・

50名中44位となってしまいます。

宮川園25 

今回の大会は参加者全員に賞品があり

最下位まで結果発表されるので

この順位では恥かしく早く帰りたかったのですが

飛び賞で賞金、抽選でお米が当たり

嬉しい表彰式となりました。

宮川園26 

結局、優勝は午前中から、ぶっちぎっていた友人で

4号桟橋際奥、10尺80cm浅棚の感嘆セットで25.2kg。

2位は3号桟橋、15尺の両ウドンの底釣りで17kg台。

3位も17kg台と、新べらが良く口を使い

この時期にしては良く釣れた(僕以外

大会となったのでした。

宮川園21  

宮川園23 
鬼掛へらブログ
プロフィール
【生まれ年】
1977年
【住まいの地域】
兵庫県三木市
【自己紹介】
(株)ハヤブサ社員 販売促進課
(鬼掛へら開発担当)
繊細でテクニカルな釣技と爆発力を兼ね備えたセンス溢れる釣が身上のトップトーナメンター。へら業界では今までなかったワークスアングラーとして、様々な大会に参加する傍ら、ハヤブサ社員として鬼掛へらの商品開発を手がける。
【戦歴】
2002年 マルキューチョーチン王座決定戦 3位
2003年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2004年 ダンクラブ対抗戦 優勝
2005年 シマノジャパンカップ 7位
2006年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2011年 ダイワへらマスターズ 3位
【へら釣りのきっかけ】
釣り好きの父と良く通っていた鯉の釣堀の隣に、へらの釣堀があったので試しに始めてみた事がきっかけ。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カテゴリ
リンク