Hayabusa鬼掛へらワークスアングラー 斉藤心也 のオフィシャルブログです。商品開発や釣行、トーナメントへの参加など日々の活動を更新致します。是非ご覧下さい。

宮川園【12/7(土)】

201312 / 09
12/7(土)は滋賀県東近江市にある

「宮川園」に行ってきました。
宮川園12 

この日は新べらの放流日。

さらに翌日には月例大会の

決勝大会に参加する予定だったので

下見を兼ねて同池を訪れました。

6:30頃、池に到着すると

すでに新べらの放流は終わった様子・・・ 

フラシに何枚か入れてあった新べらの1枚を

池のオーナーに見せて頂きました。

宮川園

この日の放流は合計950kg。

内訳は3枚1kgクラスを450kgで

2枚1kgクラスを500kg入れたとの事。

水面には活発に新べらのモジリがあり

釣れそうな予感がします。

宮川園15  

そこで新べらのモジリが1番あった

3号桟橋の事務所向きに友人達と

並んで入釣することにしました。

最初は8尺メーターセットで開始する事にします。

◆タックル◆
竿:8尺(閃光XX)
棚:ウキゴム~オモリまで1m
道糸:へら侍童心0.7号 
上ハリス:へら侍童心0.5号/7cm
下ハリス:へら侍童心0.3号/30cm
上鈎:鬼掛「極ヤラズ6号」
下鈎:鬼掛「喰わせヒネリ3号」
ウキ:巧実コデオ4.5号(PCムクトップ)
*エサ落ち目盛は3目盛だし
巧実コデオ4,5号 

◆バラケエサ◆
粒戦100cc
粒戦細粒50cc
セットガン100cc
水200cc   *ドロドロにして10分放置
セット専用バラケ200cc
パウダーベイトスーパーセット100cc
*30回程かき混ぜたら完成

◆クワセエサ◆
感嘆20cc
水30cc
*フタ付きの計量カップに入れシェイクして仕上げる(練らない)

宮川園13 

7時頃、エサ打ちを開始すると

10分程でアタリ出し

すぐに釣れ始めました。

宮川園2 

釣れてきたのは早朝に放流されたと思われる

300g程の新べららしき魚。

すぐに500g級の2枚目も釣れてきます。 

宮川園5    

後から開始した友人達にも

すぐに新べらが釣れ始め

連荘で釣れる様になってきました。

しかし桟橋にお客さんが増えだすと

アタリが減少してしまいます。 

宮川園18

9時を過ぎる頃になると

翌日の大会の下見や放流の噂を聞いた人が

続々と訪れ3号桟橋の事務所向きは 

隅を除き満席になってしまいました。

ほとんどの釣り人が短竿の浅棚を選択しているので

魚の取り合いになり

アタリが激減してしまいます。 
 
そして今まで、ほとんど釣れていなかった

旧べらも半分ほど混じるようになりました。

宮川園3 

宮川園4 

その後は翌日の大会の為に

色々な釣り方を試し

11時半になります。

1番良かったのは朝一でやった

メーター棚の抜きセットの釣り。

軟らかめのバラケエサを

ウキがなじむ前に抜き

クワセエサが落ちる途中の

小さいアタリを狙うのが効果的でした。

宮川園9

ここまでの釣果は28枚。

ここで昼食用に頼んでいた

カップラーメンが仕上がったので

昼食休憩することにしました。

宮川園11 


続く・・・
*「宮川園」は2015年11月に閉園となりました。
鬼掛へらブログ
プロフィール
【生まれ年】
1977年
【住まいの地域】
兵庫県三木市
【自己紹介】
(株)ハヤブサ 鬼掛運営課
(鬼掛へら開発担当)
繊細でテクニカルな釣技と爆発力を兼ね備えたセンス溢れる釣が身上のトップトーナメンター。へら業界では今までなかったワークスアングラーとして、様々な大会に参加する傍ら、ハヤブサ社員として鬼掛へらの商品開発を手がける。
【戦歴】
2003年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2004年 ダンクラブ対抗戦 優勝
2006年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2011年 ダイワへらマスターズ 3位
2014年 ダイワへらマスターズ 3位
2015年 ダイワへらマスターズ 3位
2016年 ダイワへらマスターズ 優勝
【へら釣りのきっかけ】
釣り好きの父と良く通っていた鯉の釣堀の隣に、へらの釣堀があったので試しに始めてみた事がきっかけ。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カテゴリ
リンク