Hayabusa鬼掛へらワークスアングラー 斉藤心也 のオフィシャルブログです。商品開発や釣行、トーナメントへの参加など日々の活動を更新致します。是非ご覧下さい。

甲南へらの池「月例決勝大会」【12/1(日)】Ⅲ

201312 / 06
続き・・・

甲南2 

11尺メーターセットでは

数も型も上がらない事から

11尺の段差の底釣りに変更することにしました。 

甲南23

◆タックル◆
竿:11尺(普天元独歩)
棚:竿一杯の底釣り(下鈎3cmずらし)
道糸:へら侍童心0.8号
上ハリス:へら侍童心0.6号/7cm
下ハリス:へら侍童心0.4号/60cm
上鈎:鬼掛「極ヤラズ7号」
下鈎:鬼掛「喰わせヒネリ4号」
ウキ:仁成作 段底用PCムクB12cm
*エサ落ち目盛は7目盛だし
仁成作段底PC12号 

◆バラケエサ◆
粒戦100cc
トロスイミー50cc
セットガン100cc
水200cc   *ドロドロにして10分放置
底バラ200cc
パウダーベイトスーパーセット100cc
*30回程かき混ぜたら完成

◆クワセエサ◆
感嘆20cc
水30cc
*フタ付きの計量カップに入れシェイクして仕上げる(練らない)

甲南32  

バラケエサ、クワセエサ共に

浅棚で使っていた物と同じです。

15分程で準備を整えてエサ打ちを再開すると

10分程でウキが動きだし

すぐに釣れ始めました。

甲南26 

魚のサイズは浅棚に比べて

かなり良く平均500~600g程のサイズ。

1枚釣った後もアタリは続きます。

甲南27 

ヒットパターンは基エサを半分に分け

手水を入れ若干、軟らかくししたバラケエサに

粒戦150ccに水100ccでふやかした物を

半分程絡め1.2×1.7cm程に鈎付けします。

このバラケエサは軟らかめのタッチの上に

粒戦が大量に入っているので、まとめ難く

丁寧に鈎付けしても3目盛くらい馴染んだら

すぐに割れ落ちてしまいます。

早い時はバラケが落ちた直後~10秒以内の

アタリで釣れてくる時もありましたが

大半は1~2分程、待ってからの

力強いアタリでした。

甲南28   

1時間程で良型を8枚程追加し

逆転への体制を整えます。

甲南29

甲南30 

甲南25

残り時間は40分程。

良型を10枚釣る事が出来れば

勝負は分りません・・・

甲南21  

しかし、その後ポイントが日陰になってしまってからは

アタリが遠のいてしまい

おまけに型も悪くなってしまいます。

結局、40分間で3枚を追加したのみで

15時の大会終了の時間を迎えてしまいました。

甲南34

午後からの結果は6.0kg(13枚)で

合計釣果は11.62kg(28枚)。

集計の結果は9位となり

マルキュー賞とカップラーメン1箱を頂きました。

甲南33 

1位は8尺メーター感嘆セットで15.1kg。

2位は11尺段底ウドンセットで14.72kg。

3位は15尺2本のバラグルセットで13.3kg。

4位は7尺チョーチンウドンセットで13.2kg。

5位は9尺カッツケ力玉セットで12.86kg。

という結果で接戦になりましたが

上位の釣り方はバラバラだったのでした。

甲南37

当日は帰り際に池主の好意で事務所に

お赤飯が用意されていました。

2回もお替りしてしまい、お腹は満腹。

大満足で帰路に着いたのでした。
 
甲南35 

甲南5 
*2014年の月例大会予定表です。
鬼掛へらブログ
プロフィール
【生まれ年】
1977年
【住まいの地域】
兵庫県三木市
【自己紹介】
(株)ハヤブサ社員 販売促進課
(鬼掛へら開発担当)
繊細でテクニカルな釣技と爆発力を兼ね備えたセンス溢れる釣が身上のトップトーナメンター。へら業界では今までなかったワークスアングラーとして、様々な大会に参加する傍ら、ハヤブサ社員として鬼掛へらの商品開発を手がける。
【戦歴】
2002年 マルキューチョーチン王座決定戦 3位
2003年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2004年 ダンクラブ対抗戦 優勝
2005年 シマノジャパンカップ 7位
2006年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2011年 ダイワへらマスターズ 3位
【へら釣りのきっかけ】
釣り好きの父と良く通っていた鯉の釣堀の隣に、へらの釣堀があったので試しに始めてみた事がきっかけ。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カテゴリ
リンク