Hayabusa鬼掛へらワークスアングラー 斉藤心也 のオフィシャルブログです。商品開発や釣行、トーナメントへの参加など日々の活動を更新致します。是非ご覧下さい。

へらマスターズ「水藻フィッシングセンター予選」【10/29(火)】

201310 / 30
10/29(火)はダイワへらマスターズの

「関西B地区予選」に参加する為に

大阪府貝塚市にある

「水藻フィッシングセンター」に行ってきました。

水藻  

僕は昨年の大会でシード権を獲得しており

2回戦から参戦予定なので

早く来る必要はなかったのですが

1回戦の様子を見ておきたかったのと

少し試釣もしたかったので

6:30くらいに現地に到着していました。

水藻2 

駐車場に到着すると

選手の姿は皆無・・・

すでに受付は終わり

選手は釣り座で準備を始めています。

水藻3 

この日の参加者は35名。

本来は80名程の参加者があったのですが

10/26(土)が台風の影響で順延となり

平日の開催となってしまった為

参加者が激減してしまったのでした。 

水藻6 

早速、大会の邪魔にならない

1号桟橋に行き試釣の準備を開始します。

準備をしている最中に7時となり

1回戦開始の合図がありました。

準備を中断して大会の様子を

見学する事にします。 
  
水藻4

エサ打ち数投で竿を絞りだしたのは

2号桟橋3号向き手前の選手達。

釣り方は浅棚やチョーチン

ダンゴやセットとバラバラですが

次々に竿を曲げています。 

水藻7

逆に全然釣れていないのは

3号桟橋2号向きのブロック・・・

どの釣り方も合わせる素振りもありません。

この場所は普段あまり人が入らない為

エサ打ちがされておらず

魚が着いていないので

魚が寄るのに時間が掛かる様子・・・

開始30分程は竿を絞る光景が

ほとんど見れませんでした。

水藻5 

30分程、見学してから

試釣の準備を始めます。
 
まず最初は短竿チョーチンダンゴ。

実は台風で中止になった10/26(土)に

雨が止んだ8:30頃から試釣で訪れ

両ダンゴのチョーチン釣りを試した所

かなり良い感じで釣れたので

大会当日も試してみたかったのです。

水藻20  

周りに人がいなかったので

すぐに釣れ始めるかと思いきや

10分程は何も当たらず

セット釣りに変更しようと思った頃から

魚が寄り出し釣れ始めました。

水藻8 

最初の内は丁度良い寄り具合で

釣り易かったのですが

水面に魚の姿が見え出すと

ワキワキ状態になってしまい

良く釣れるのですが

釣れ過ぎで試釣にならなくなってしまいました。

水藻14 

ここで試釣を中断して

1回戦の様子を見学しに行きます。

池を1周するように見渡すと

朝一のような場所ムラは無くなり

どのポイントでもアタリは出ている様子・・・

釣り方はカッツケ~チョーチン。

エサはウドンセットやヒゲセット

両ダンゴに両グルテンと様々で

エサを合わせる事が出来れば

どの釣り方でもチャンスはあるような感じでした。

水藻24 

ここで釣り座に戻り

今度はカッツケ感嘆セットの試釣。

この釣り方も良く釣れて

本番はどの釣り方にしようか

迷ってしまいました。 




続く・・・
鬼掛へらブログ
プロフィール
【生まれ年】
1977年
【住まいの地域】
兵庫県三木市
【自己紹介】
(株)ハヤブサ社員 販売促進課
(鬼掛へら開発担当)
繊細でテクニカルな釣技と爆発力を兼ね備えたセンス溢れる釣が身上のトップトーナメンター。へら業界では今までなかったワークスアングラーとして、様々な大会に参加する傍ら、ハヤブサ社員として鬼掛へらの商品開発を手がける。
【戦歴】
2002年 マルキューチョーチン王座決定戦 3位
2003年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2004年 ダンクラブ対抗戦 優勝
2005年 シマノジャパンカップ 7位
2006年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2011年 ダイワへらマスターズ 3位
【へら釣りのきっかけ】
釣り好きの父と良く通っていた鯉の釣堀の隣に、へらの釣堀があったので試しに始めてみた事がきっかけ。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カテゴリ
リンク