Hayabusa鬼掛へらワークスアングラー 斉藤心也 のオフィシャルブログです。商品開発や釣行、トーナメントへの参加など日々の活動を更新致します。是非ご覧下さい。

甲南へらの池【10/27(日)】Ⅱ

201310 / 29
続き・・・

甲南22 

昼食中に事務所で他の場所の様子を聞くと

7尺チョーチンウドンセットと

両ダンゴの底釣りの調子が良い様子・・・

甲南15

カッツケ釣りはドンドンペースが落ちているので

午後から釣り方を変更することにしました。

先日の月例大会で良かった

12尺一杯の両ダンゴの底釣りです。

◆タックル◆
竿:12尺(閃光XX)
棚:底釣り上鈎3cmずらし(竿一杯)
道糸:へら侍童心1.0号
ハリス:へら侍童心0.5号/40-47cm
鈎:鬼掛「極ヤラズ6号」
ウキ:陽光作B13cmパイプトップ
*エサ落ち目盛は5.5目盛だし(宙の状態で)
陽光作B13cmパイプトップ

◆ダンゴエサ◆
ペレ道100cc
(ペレ道1袋につなぎグルテン1袋を混ぜた物)
ダンゴの底釣夏100cc
水100cc
*20回程かき混ぜたら完成

甲南10

底に魚が着いていれば

数投でアタリ出すハズでしたが

動きだしたのが10分後・・・

それもジャミのようでモゾモゾするばかりで

アタリになりません。

甲南11 

30分程エサ打ちを続けましたが

釣果は小型のへら1枚のみで

ウキの動きも良くなる様子がありませんでした。

チョッ早い判断ですが底釣りに

見切りをつける事にします。

甲南12 

続いては7尺チョーチン感嘆セットです。

◆タックル◆
竿:7尺(枯法師/旧)
棚:チョー^チン(ウキ1本+2cm開ける)
道糸:へら侍童心1.0号
上ハリス:へら侍童心0.6号/7cm
下ハリス:へら侍童心0.4号/35cm
上鈎:鬼掛「極ヤラズ8号」
下鈎:鬼掛「喰わせヒネリ5号」
ウキ:巧実縦誘いGムク7号
*エサ落ち目盛は空鈎状態で7目盛だし
20130902154905382.jpg

◆バラケエサ◆
粒戦100cc
水200cc   *ドロドロにして10分放置
段差バラケ400cc
軽麩200cc
ガッテン100cc

◆クワセエサ◆
感嘆10cc
水15cc
*フタ付きの計量カップに入れシェイクして仕上げる(練らない)

甲南13 

上記のバラケエサをいじらずに

直径2cm程に鈎付けして打ち込むと

すぐにウキが動き始めます。

しかし糸ズレの動きが多く

序盤はスレの連続に苦しみました。

甲南14

そこでハリスを25cmに詰め

下鈎を「喰わせヒネリ5号」から

同6号にサイズアップすると

ポツポツと釣れ始まります。

甲南23  

釣れてくる魚は

大型こそ混じりませんが

カッツケに比べれば

コンディションの良い魚で

平均400gくらいのサイズです。

甲南25

ヒットパターンは深ナジミ後

バラケエサが残っている状態で出る

力強いアタリで早いアタリや

バラケエサが落ちてからは

ほとんど釣れませんでした。

甲南24 

しかしウキが動く割には

決めきる事が出来ず

大きな穴は開かないのですが

ポツポツ拾う展開が続いてしまいます。

甲南26 

結局、午後からは18枚しか追加する事が出来ず

16時の納竿時間を迎えてしまいました。

甲南27

検量の結果は18.9kg(52枚)。

周りの人も、かなり苦戦しており

僕が優勝となりました。

甲南19

2位は15尺棚2mの両グルテン。

3位は7尺チョーチンウドンセット

という結果で食い渋りの為か

どの釣り方が好調という雰囲気はなく

途中で釣り方を変えている人が

目立った例会となりました。

 甲南20 


甲南21

鬼掛へらブログ
プロフィール
【生まれ年】
1977年
【住まいの地域】
兵庫県三木市
【自己紹介】
(株)ハヤブサ社員 販売促進課
(鬼掛へら開発担当)
繊細でテクニカルな釣技と爆発力を兼ね備えたセンス溢れる釣が身上のトップトーナメンター。へら業界では今までなかったワークスアングラーとして、様々な大会に参加する傍ら、ハヤブサ社員として鬼掛へらの商品開発を手がける。
【戦歴】
2002年 マルキューチョーチン王座決定戦 3位
2003年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2004年 ダンクラブ対抗戦 優勝
2005年 シマノジャパンカップ 7位
2006年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2011年 ダイワへらマスターズ 3位
【へら釣りのきっかけ】
釣り好きの父と良く通っていた鯉の釣堀の隣に、へらの釣堀があったので試しに始めてみた事がきっかけ。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カテゴリ
リンク