Hayabusa鬼掛へらワークスアングラー 斉藤心也 のオフィシャルブログです。商品開発や釣行、トーナメントへの参加など日々の活動を更新致します。是非ご覧下さい。

へらマスターズ関西B予選「水藻フィッシングセンター」の作戦

201310 / 25
来週の10/29(火)は

今期、最後のトーナメントとなる

「ダイワへらマスターズ関西B地区大会」が

大阪府貝塚市にある

「水藻フィッシングセンター」で開催されます。  
  
水藻21  

僕も参加予定なので

この前の日曜日

大雨の中、練習に行って来ました。

結果は1日やって釣果が14枚と

散々な目に遭いましたが

様々なポイントを見て周り 

色々な釣り方を見学できたので

かなりの収穫がありました。

水藻13 

しかし当初予定していた10/26(土)の開催は

台風の為、延期・・・

参加者も100名以上との話だったので

入釣者も同じくらい入っていた10/20(日)は

最高の試釣になったと思ったのですが

全く状況の異なる平日の

10/29(火)になってしまいました。 
 
試釣した状況とは大幅に変わってしまうと思いますが

現時点での僕の作戦と

状況の予想をしてみたいと思います。

水藻28

まず本命の釣り方ですが

予定通り土曜日に開催なら

文句無く短竿チョーチンウドンセットでしたが
 
平日で参加者が大幅に減ると予想されますので

当初は対抗にしようとしていた

短竿のカッツケウドンセットも

対抗ながら同率としました。

水藻24

この釣り場の混雑時は

特にチョーチンセットの釣りが強いのですが

混雑のない平日ならば話は違います。

カッツケとチョーチンとの魚のサイズ差も

あまりない同釣り場なので枚数勝負となり

回転数の早いカッツケが有利になるのです。

水藻15 

混雑する1回戦に同じ釣り方が並んだ場合や

風が強くなり流れが発生した状況下なら

チョーチンセットが有利だと思いますが

人数が、かなり減り混雑度が軽減される

2回戦で風等の影響が出なかったら

カッツケで圧倒的な釣果が出るかも知れません。 
 
穴は両グルテンの浅棚。

大穴はチョット深い棚(2~3.5m)の両ダンゴ

だと考えています。

穴と大穴は周りの状況や魚の

活性によって釣れる釣れないの差が激しく

安定性がないと思われるので

当日、余程の事がない限り

僕が、やることはないでしょう。

水藻6

予想釣果は平日で普段の大会に比べ

混雑度が、かなり軽減される事から

例年の大会に比べれば

釣果が伸びる事が考えられます。

1回戦の4時間が

トップ釣果が20kg台前半で

通過ラインは15kg以上。

2回戦2時間がトップ釣果が15kg前後で

12~13kgくらいが通過ラインになると予想します。

水藻3

幸い僕は昨年の大会でシード権を獲得しており

当日の1回戦はシードとなるので

出場せずに状況を観察することが出来ます。

しっかり状況を見極めて

全国大会に出場出来る様に

頑張りたいと思います。


水藻26
鬼掛へらブログ
プロフィール
【生まれ年】
1977年
【住まいの地域】
兵庫県三木市
【自己紹介】
(株)ハヤブサ社員 販売促進課
(鬼掛へら開発担当)
繊細でテクニカルな釣技と爆発力を兼ね備えたセンス溢れる釣が身上のトップトーナメンター。へら業界では今までなかったワークスアングラーとして、様々な大会に参加する傍ら、ハヤブサ社員として鬼掛へらの商品開発を手がける。
【戦歴】
2002年 マルキューチョーチン王座決定戦 3位
2003年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2004年 ダンクラブ対抗戦 優勝
2005年 シマノジャパンカップ 7位
2006年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2011年 ダイワへらマスターズ 3位
【へら釣りのきっかけ】
釣り好きの父と良く通っていた鯉の釣堀の隣に、へらの釣堀があったので試しに始めてみた事がきっかけ。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カテゴリ
リンク