Hayabusa鬼掛へらワークスアングラー 斉藤心也 のオフィシャルブログです。商品開発や釣行、トーナメントへの参加など日々の活動を更新致します。是非ご覧下さい。

水藻フィッシングセンター【10/20(日)】

201310 / 21
10/20(日)は大阪府貝塚市にある

「水藻フィッシングセンター」に行って来ました。

水藻9 

この日は10/26(土)に行われる

ダイワへらマスターズ関西B予選の

試釣の為の釣行で

友人達が所属する「則六会」に

ゲスト参加させていただきました。
 
水藻10

この日は朝から雨が降っており

日中は強くなるとの予報・・・

風も、ソコソコ強く吹いているので

最悪のコンデションの中での釣行となります。

幸い6時半頃に雨の止み間があり

その時間帯にテントや道具を

セッティングすることが出来ました。

場所抽選の結果、入釣した場所は

1号桟橋外向きの中央付近となりました。

水藻3 

まずは、この時期に実績の高い

7尺チョーチンセットから

開始してみることにします。


◆タックル◆
竿:7尺(神威)
棚:チョーチン(穂先~ウキゴムまでウキ1本+2cmあける)
道糸:へら侍童心1.0号
上ハリス:へら侍童心0.6号/7cm
下ハリス:へら侍童心0.4号/40cm
上鈎:鬼掛「極ヤラズ8号」
下鈎:鬼掛「喰わせヒネリ4号」
ウキ:巧実 縦誘いGムク6号
*エサ落ち目盛は空鈎状態で6目盛だし
20130328141455463.jpg

◆バラケエサ◆
粒戦100cc
粒戦細粒50cc
水200cc  *ドロドロにして5分放置
セットガン200cc
プログラム200cc
*30回程かきまぜたら完成

◆クワセエサ◆
感嘆10cc
水20cc
*フタ付きの計量カップに入れシェイクして仕上げる(練らない)


7時半頃に開始の合図があり

エサ打ちをスタートします。

長めのハリスに小さめのウキ・・・

この時期にしては、かなり繊細で

動きの出易い冬のセッティングでスタートしたのですが

ウキが動き始めたのは

開始1時間も経ってから・・・

激渋状態のスタートとなってしまいました。

水藻 

まだ1枚も釣っていませんでしたが

ここで周囲の偵察に出かけます。

すると、ほどんどの人が

まだ1枚も釣れていない状態で

釣っている人でも

2~3枚という事が分りました。

水藻2

釣れている人の

ハリスの長さをみると60cm以上・・・

60cmのハリスケースしか持参していなく

55cmくらいまでしか結べなかったので

最長の長さにして再開すると

サワリが続くようになってきました。

そして、ついに待望の1匹目が釣れてきます。







・・・






・・・







・・・








水藻11 

ブラックバスの・・・

なんと1匹目はウキが立つ前に

喰いっ走りで釣れてきた

ブラックバスなのでした。




続く・・・
鬼掛へらブログ
プロフィール
【生まれ年】
1977年
【住まいの地域】
兵庫県三木市
【自己紹介】
(株)ハヤブサ 鬼掛運営課
(鬼掛へら開発担当)
繊細でテクニカルな釣技と爆発力を兼ね備えたセンス溢れる釣が身上のトップトーナメンター。へら業界では今までなかったワークスアングラーとして、様々な大会に参加する傍ら、ハヤブサ社員として鬼掛へらの商品開発を手がける。
【戦歴】
2003年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2004年 ダンクラブ対抗戦 優勝
2006年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2011年 ダイワへらマスターズ 3位
2014年 ダイワへらマスターズ 3位
2015年 ダイワへらマスターズ 3位
2016年 ダイワへらマスターズ 優勝
【へら釣りのきっかけ】
釣り好きの父と良く通っていた鯉の釣堀の隣に、へらの釣堀があったので試しに始めてみた事がきっかけ。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カテゴリ
リンク