Hayabusa鬼掛へらワークスアングラー 斉藤心也 のオフィシャルブログです。商品開発や釣行、トーナメントへの参加など日々の活動を更新致します。是非ご覧下さい。

宮川園「10月度月例大会」【10/6(日)】2

201310 / 08
続き・・・

宮川園11 

作り直したバラケエサの

ブレンドパターンは下記の通りで

クワセエサやその他タックルは同じです。

◆変更後のバラケエサ◆
粒戦100cc
パワーⅩ100cc
セットガン100cc
水200cc  ドロドロにして5分放置
プログラム200cc
*30回程かき混ぜたら完成 

バラケエサ

今までのブレンドパターンから

トロスイミーとBBフラッシュを抜いて

パワーⅩを加えました。

セットガンも100cc減らしているので

粒戦の割合が増え今までよりも重く

バラケ性の良いエサにしました。

宮川園6 

このバラケエサに変更すると

再開直後から良いアタリが連発し

大幅なペースアップに成功します。

宮川園24 

しかし、さらにエサを打ち続けると

魚の寄りが増しアタリは出ているのですが

ヒット率が悪い状態になってしまいました。

そこで下ハリスを25cmに詰めると

一気に時間20枚近いペースに突入します。

宮川園25 

ヒットパターンは変更後のバラケエサを

手水で若干軟らかくした物を

1.5×2cmに鈎付けし

トップの先端付近まで深ナジミさせます。

宮川園19

早い時はナジム途中で良いサワリがあり

なじみきったと同時に消し込みで

釣れてくる等の早いアタリもありましたが

早いアタリは少なく全体の2割程で

ほとんどがバラケエサが落ちる寸前から

落ちてチョッと待ってからの力強いアタリでした。

宮川園23

500~600gの良型も混じりだし

周囲ではブッチギリのペースになります。

しかし10時を過ぎた頃から

風が強くなりだして流れが発生してしまいます。

宮川園9

すると、急激にペースダウン

半分くらいのペースになってしまい

昼食休憩の時間となりました。

宮川園15 

検量の結果は24.1kg(57枚)。

今まで参加した月例大会の中では

1番のペースで午前中を折り返す事が出来ました。 

集計するとトップ釣果は僕で

2位は10kgくらいとの事だったので

かなりの差をつける事が出来ました。


続く・・・
鬼掛へらブログ
プロフィール
【生まれ年】
1977年
【住まいの地域】
兵庫県三木市
【自己紹介】
(株)ハヤブサ社員 販売促進課
(鬼掛へら開発担当)
繊細でテクニカルな釣技と爆発力を兼ね備えたセンス溢れる釣が身上のトップトーナメンター。へら業界では今までなかったワークスアングラーとして、様々な大会に参加する傍ら、ハヤブサ社員として鬼掛へらの商品開発を手がける。
【戦歴】
2002年 マルキューチョーチン王座決定戦 3位
2003年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2004年 ダンクラブ対抗戦 優勝
2005年 シマノジャパンカップ 7位
2006年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2011年 ダイワへらマスターズ 3位
【へら釣りのきっかけ】
釣り好きの父と良く通っていた鯉の釣堀の隣に、へらの釣堀があったので試しに始めてみた事がきっかけ。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カテゴリ
リンク