Hayabusa鬼掛へらワークスアングラー 斉藤心也 のオフィシャルブログです。商品開発や釣行、トーナメントへの参加など日々の活動を更新致します。是非ご覧下さい。

M-1カップ「佐屋川温泉前寄せ場」の反省

201205 / 23
先日のM-1カップ(佐屋川温泉前寄せ場)予選は

良い所がなく予選敗退してしまいました。

まず失敗したのが予想釣果の設定。

大会での混雑やプレッシャーから試釣での釣果の半分くらいと予想していました。

トップで15kg前後、予選通過ラインが10kg前後と、にらんでいたのですが

結果は、それをかなり下回る釣果になってしまいました。
 
トップ釣果で10.8kg(23枚)、場所が悪いブロックの通過ラインは

4kg台(10枚前後)と予想以上の、食い渋りになってしまったので

1日を通して20枚前後も釣れれば良い地合だったのですが

それ以上の釣果を求めてしまい自滅した感じでした。

結果発表  

次に失敗したのは釣り方の選択と変更するタイミング。

僕がノーマークだった7尺の段差の底釣りを選択した選手が上位に多く入賞しており

僕のいたEブロックの上位は全員段差の底釣りという結果になりました。

特に段差の底釣りは前半戦jに調子が良く、後半は苦戦していたようなので

段差の底釣りに変更するなら、もっと早くすべきと反省しました。

また、他のブロックでは浅棚のウドンセットで

上位に食い込んだ選手も数多くいたようです。

試釣の時には、良くないと判断した小ウキに長ハリス

抜き系のバラケというのが当日、効果的だったとの話を耳にしたので

試釣の結果にとらわれず、もっと色々と試しておけばと後になってから後悔しました。


次のM-1カップの関西予選は6/23(土)に大阪府の「水藻フィッシングセンター」で行われます。

この大会もエントリーしたので、もっと練習して

1次予選を通過出来るように頑張りたいと思います。
鬼掛へらブログ
プロフィール
【生まれ年】
1977年
【住まいの地域】
兵庫県三木市
【自己紹介】
(株)ハヤブサ 鬼掛運営課
(鬼掛へら開発担当)
繊細でテクニカルな釣技と爆発力を兼ね備えたセンス溢れる釣が身上のトップトーナメンター。へら業界では今までなかったワークスアングラーとして、様々な大会に参加する傍ら、ハヤブサ社員として鬼掛へらの商品開発を手がける。
【戦歴】
2003年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2004年 ダンクラブ対抗戦 優勝
2006年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2011年 ダイワへらマスターズ 3位
2014年 ダイワへらマスターズ 3位
2015年 ダイワへらマスターズ 3位
2016年 ダイワへらマスターズ 優勝
2017年 シマノジャパンカップ 優勝
【へら釣りのきっかけ】
釣り好きの父と良く通っていた鯉の釣堀の隣に、へらの釣堀があったので試しに始めてみた事がきっかけ。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カテゴリ
リンク