Hayabusa鬼掛へらワークスアングラー 斉藤心也 のオフィシャルブログです。商品開発や釣行、トーナメントへの参加など日々の活動を更新致します。是非ご覧下さい。

シマノジャパンカップ「甲南へらの池予選」【9/7(土)】

201309 / 09
9/7(土)はシマノジャパンカップ関西予選に

参加する為に滋賀県甲賀市にある

「甲南へらの池」に行ってきました。

甲南2 

大会の受付は5時半開始で

いつもなら受付開始の20分前には到着しているのですが

1回戦は7時開始で時間があまる事が多いので

いつもより遅く家を出発すると

駐車場は満車で受付には長蛇の列が出来ています・・・

甲南5 

受付場所まで重い荷物を運び

長蛇の列に並んで場所抽選を受けると

2号桟橋の1号向きの奥№65があたりました。

甲南3 

僕のブロックは1号桟橋の奥へチを含むブロックで

1号桟橋の№32~34と2号桟橋№63~69の

10名の中から釣果の多い2名のみが

2回戦に進出出来ます

甲南4

早速、釣り座に行きタックルの準備を開始します。

作戦通り7尺チョーチン感嘆セットです。

◆タックル◆
竿:7尺(神威)
棚:チョーチン(穂先からウキ1本+2cm空ける)
道糸:へら侍童心1.0号
上ハリス:へら侍童心0.6号/7cm
下ハリス:へら侍童心0.4号/25cm
上鈎:鬼掛「極ヤラズ8号」
下鈎:鬼掛「喰わせヒネリ5号」
ウキ:巧実縦誘いGムク7号
*エサ落ち目盛は空鈎状態で8目盛だし


◆バラケエサ◆
粒戦100cc
パワーⅩ100cc
水220cc
段差バラケ200cc
ガッテン200cc
軽麩200cc

◆クワセエサ◆
感嘆20cc
水30cc
*フタ付きの計量カップに入れてシェイクして仕上げる(練らない) 

甲南14 

7時も開始の合図と同時にエサ打ちを開始すると

すぐに近くの浅棚両ダンゴの選手が竿を絞ります。 

僕がアタリ出したのは開始5分を過ぎてから・・・

ウキが立ち長い受けが続いた直後に消し込み

上鈎にヒットした1枚目が釣れてきました。

甲南15 

その後は一気にアタリが増え

アタリっきり状態に・・・

しかしアタル割にはヒット率が悪く

ポツポツとヒットする魚も痩せたへらばかり・・・

甲南16

ここでバラケエサに手水を加えて

若干軟らかいタッチに手直しすると

突如、連荘で釣れ始まりました。

甲南17

ヒットパターンは若干軟らかく手直ししたバラケエサを

1.5×2cm程に鈎付けしトップが水没するくらいに

深く馴染ませます。

早い時はなじみきる寸前くらいで止めが入り

「ドカン」と消し込むアタリで

上鈎にヒットするへらも何枚かはいましたが

メインは水没後、縦誘いを数回行った後の

力強いアタリで最初の1時間で

12枚を釣りスタートダッシュに成功しました。

甲南13

しかし8時を過ぎると急激にペースダウン・・・

水面に見えていたへら鮒も少なくなり

アタリも、ほとんど無くなってしまいます。



続く・・・  
鬼掛へらブログ
プロフィール
【生まれ年】
1977年
【住まいの地域】
兵庫県三木市
【自己紹介】
(株)ハヤブサ 鬼掛運営課
(鬼掛へら開発担当)
繊細でテクニカルな釣技と爆発力を兼ね備えたセンス溢れる釣が身上のトップトーナメンター。へら業界では今までなかったワークスアングラーとして、様々な大会に参加する傍ら、ハヤブサ社員として鬼掛へらの商品開発を手がける。
【戦歴】
2003年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2004年 ダンクラブ対抗戦 優勝
2006年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2011年 ダイワへらマスターズ 3位
2014年 ダイワへらマスターズ 3位
2015年 ダイワへらマスターズ 3位
2016年 ダイワへらマスターズ 優勝
【へら釣りのきっかけ】
釣り好きの父と良く通っていた鯉の釣堀の隣に、へらの釣堀があったので試しに始めてみた事がきっかけ。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カテゴリ
リンク