Hayabusa鬼掛へらワークスアングラー 斉藤心也 のオフィシャルブログです。商品開発や釣行、トーナメントへの参加など日々の活動を更新致します。是非ご覧下さい。

甲南へらの池【9/1(日)】3

201309 / 04
続き・・・

甲南9 
 
昼食後は7尺カッツケセットの続きをしましたが

大して釣れず再び友人達の釣りの見学にまわります。

しかし時折パラパラ程だった雨が

予報通り本降りになってきてしまいました。

甲南15  

慌てて釣り座に戻りパラソルとシートをセッティングして

雨対策をしましたが雨は益々勢いを増し

豪雨となってきてしまいます。

甲南14  

自分の釣り座に戻り、次にセットしたのは

セミパワー系のチョーチンセット釣り。

時折鳴る雷に釣りを中断しながら

雨の止み間に釣りをしますが

一向に調子は上がらずクワセエサを

ヒゲトロに変えてみても同じ・・・

タックルのセッティングが強すぎたようなので

ライト系にシフトチェンジすることにします。

甲南16 

◆タックル◆
竿:7尺(神威)
道糸:へら侍童心1.0号
上ハリス:へら侍童心0.6号/7cm
下ハリス:へら侍童心0.6号/20cm
上鈎:「極ヤラズ・ストロングストレート8号」
下鈎:「極ヤラズ・ストロングストレート5号」
ウキ:巧実縦誘いGムク7号
*エサ落ち目盛は空鈎状態で7目盛だし
巧実縦誘いGムク7号 

◆バラケエサ◆
粒戦100cc
水200cc   *ドロドロにして5分放置
凄麩300cc
軽麩200cc
ガッテン100cc
*30回程かき混ぜたら完成

◆クワセエサ◆
感嘆10cc
水16cc
*フタ付きの計量カップに入れてシェイクして仕上げる(練らない)

甲南20 

このセッティングでエサ打ちを再開すると

3投程でアタリ出し、すぐに釣れ始めました。

甲南18 

ヒットパターンは上記基エサを半分に分け

若干手水を打ってシットリさせたバラケエサを

1.5×2cm程に鈎付けします。

まとまりの良い麩が多く入っている配合なので

エサ持ちが良くグラスムクトップのウキは

エサの重みで当然水没してしまいます。

ここで1~2目盛の軽い縦誘いを繰り返し

バラケを促進させながら待っていると

誘い直後に1~2目盛程力強くアタリ

釣れてくるといったパターンでした。

甲南19 

余計な動きが多くなったりカラツンが多くなったら

手水でバラケエサを若干軟らかくする対応をすると

上鈎にヒットするへらも多く

ダブルを混じえるなどして

当日1番のペースになりました。

甲南17  

変更してからの1時間半で20枚くらいを釣り込み

17時の納竿時間を迎えました。

釣果は16.6kg(41枚)で順位は真ん中くらい・・・

トップは7尺チョーチンウドンセットで35kg台。

2位は15尺両ウドンの底釣りで30kg台。

3位は7尺チョーチン力玉ハードセットで28kg台。

という結果になりました。

甲南6 

例会終了時には雨も止み

晴れ間も見えてきたので濡れずに片付けが出来ました。

釣果は納得出来ませんでしたが

1週間後に行われる大会の良い試釣になったのでした。
鬼掛へらブログ
プロフィール
【生まれ年】
1977年
【住まいの地域】
兵庫県三木市
【自己紹介】
(株)ハヤブサ社員 販売促進課
(鬼掛へら開発担当)
繊細でテクニカルな釣技と爆発力を兼ね備えたセンス溢れる釣が身上のトップトーナメンター。へら業界では今までなかったワークスアングラーとして、様々な大会に参加する傍ら、ハヤブサ社員として鬼掛へらの商品開発を手がける。
【戦歴】
2002年 マルキューチョーチン王座決定戦 3位
2003年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2004年 ダンクラブ対抗戦 優勝
2005年 シマノジャパンカップ 7位
2006年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2011年 ダイワへらマスターズ 3位
【へら釣りのきっかけ】
釣り好きの父と良く通っていた鯉の釣堀の隣に、へらの釣堀があったので試しに始めてみた事がきっかけ。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カテゴリ
リンク