Hayabusa鬼掛へらワークスアングラー 斉藤心也 のオフィシャルブログです。商品開発や釣行、トーナメントへの参加など日々の活動を更新致します。是非ご覧下さい。

甲南へらの池【7/21(日)】

201307 / 24
7/21(日)は滋賀県甲賀市にある

「甲南へらの池」に行ってきました。

甲南7 

当日は知人が主催する「西コロ会」に

ゲスト参加させて頂きました。

当日は7/27(土)に行われる

「M-1カップ」の1週間前の週末・・・

練習に来る人も多数訪れていて

桟橋は予約で,、ほぼ満席状態になっていました。

甲南3 

この混雑状況では短竿では厳しいと思ったので

いつもより長めの12尺を出し

ペレ宙の準備をすることにします。

◆タックル◆
竿:12尺(閃光XX)
棚:ウキゴム~オモリまで70cm
道糸:へら侍童心1.0号
ハリス:へら侍童心0.6号12-18cm
鈎:鬼掛「極ヤラズ・ストロングストレート6号」
*7月末発売予定
ストロングストレート6号 

*しかし途中で在庫が無くなってしまったので
在庫のあった「極ヤラズ7号」に変更しました(笑)

極ヤラズ7号 

 
ウキ:巧実ペレ宙5号
*エサ落ち目盛は空鈎状態で4.5目盛だし

巧実ペレ宙5号 

◆ダンゴエサ◆
ペレ軽400cc
BBフラッシュ100cc
ダンゴの底夏100cc
水200cc
*30回程かき混ぜたら完成
ダンゴエサ 

準備が整い6時半頃からエサ打ちを開始します。

甲南2 

この混雑では、しばらく動かないかと思いきや

5分程で動きだし、すぐに釣れ始めました。

甲南10 

魚のサイズは良くないものの

その後もアタリは続き

入れパクにはならないものの

穴のあく事がなく順調に枚数を重ねます。
 
甲南11 

時折600g程の良型が混じる展開で

8時半くらいには21枚を釣り

最初に1回目の検量をすることが出来ました。

甲南14 

検量の結果はフラシ込みで10kgちょうど。

ここでエサが無くなったので周囲を見学に行く事に・・・

当日は混雑の影響で短竿のカッツケは

あまり釣れていない様子・・・

長竿のペレ宙や両グルテン

短竿チョーチンセットが釣れている感じで

いつもに比べ大型が釣れているようでした。

甲南4 

ここでエサを作り変える事に・・・

◆変更後のダンゴエサ◆
ペレ軽800cc
ダンゴの底釣り夏200cc
水350cc
*30回程かき混ぜたら完成


今までの配合からBBフラッシュを除いたので

重くてバラケ性の良いエサになりました。

その分ハリスを15-23cmと伸ばし

より大型を狙うイメージのセッティングにします。

これで再開すると最初のうちは

魚のサイズが変わらなかったものの

徐々にサイズアップし2フラシ目は

18枚で10kg(フラシ込み)。

3フラシ目は14枚で9.2kgと徐々に良くなっていきました。

甲南28 

ヒットパターンは基エサをいじらずに

1×1.5cm程に鈎付けしトップ先端まで深ナジミさせ

その直後に消し込むような力強いアタリ。

釣れるペースは時間10枚前後と

朝から変わらずペースアップしていませんが

型が良くなってきたので

検量するタイミングは早くなっています。

甲南5 

3フラシを検量した所で

時刻は12時半過ぎ・・・

かなり、お腹も減ってきたので

昼食をとりに事務所へ向かいます。




続く・・・

鬼掛へらブログ
プロフィール
【生まれ年】
1977年
【住まいの地域】
兵庫県三木市
【自己紹介】
(株)ハヤブサ 鬼掛運営課
(鬼掛へら開発担当)
繊細でテクニカルな釣技と爆発力を兼ね備えたセンス溢れる釣が身上のトップトーナメンター。へら業界では今までなかったワークスアングラーとして、様々な大会に参加する傍ら、ハヤブサ社員として鬼掛へらの商品開発を手がける。
【戦歴】
2003年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2004年 ダンクラブ対抗戦 優勝
2006年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2011年 ダイワへらマスターズ 3位
2014年 ダイワへらマスターズ 3位
2015年 ダイワへらマスターズ 3位
2016年 ダイワへらマスターズ 優勝
2017年 シマノジャパンカップ 優勝
【へら釣りのきっかけ】
釣り好きの父と良く通っていた鯉の釣堀の隣に、へらの釣堀があったので試しに始めてみた事がきっかけ。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カテゴリ
リンク