Hayabusa鬼掛へらワークスアングラー 斉藤心也 のオフィシャルブログです。商品開発や釣行、トーナメントへの参加など日々の活動を更新致します。是非ご覧下さい。

甲南へらの池「7月度月例大会」【7/15(月)】

201307 / 19
7/15(月・祝)は前日に引き続き

「甲南へらの池」に行って来ました。

甲南5

「甲南へらの池」はこれで3日連続・・・

チョッと疲れ気味ですが

近くのビジネスホテルに泊まって

早い時間に寝てしまったので睡眠時間はタップリ。

この日は池主催の月例大会の開催日なので

M-1カップの練習の為、参加しました。

甲南2

6時半に始まる場所抽選の結果は

2号桟橋3号向きの№95と

奥の方の良い席をゲット。

早速、釣り座に着きタックルの準備を開始します。

甲南

◆タックル◆
竿:9尺(普天元独歩)
棚:ウキゴム~オモリまで30㎝
道糸:へら侍童心1.0号
ハリス:へら侍童心0.6号12-18cm
上下鈎:「極ヤラズ・ストロングストレート5号」
         (7月末発売予定)
ストロングストレート5号

ウキ:陽光作B5.5㎝パイプトップ
*エサ落ち目盛は空鈎状態で4目盛だし


◆ダンゴエサ◆
ペレ軽400cc
BBフラッシュ100cc
ダンゴの底夏100cc
水200cc
*30回程かき混ぜたら完成
ダンゴエサ

選択した釣り方は前日良かった9尺の

ペレット系のダンゴエサを使ったカッツケ釣り。

7時に開始の合図がありエサ打ちを始めました。

甲南3

大会で混雑していたので

アタリ出しまで時間が掛かると思っていましたが

5分くらいでアタリ出し、すぐに1枚目が釣れてきます。

しかし400g弱のガサベら・・・

甲南26

しかし昨日も最初の内は良型が釣れなかったので

我慢してエサ打ちを続けます。

寄り始めの魚は素直で

すぐに2枚目3枚目も釣れてきました。

甲南31

しかし同じようなサイズが続き

良型は1枚もなし・・・

最初の1時間で15枚程釣る事が出来ましたが

すべて400g以下の小型ばかりでした。

甲南7

周りでも良型が釣れてない感じで

魚の寄りが多くなると

ヒット率も悪くなってきたので

手水でエサを軟らかくしヒット率を上げ

小型の数釣りに狙いを変更することにします。

甲南10

すると、いきなりの3連荘。

サイズは悪かったですが

ペースが上がれば作戦通りです。

しかし、その後は急にアタリが止まってしまい

大幅なペースダウンをしてしまいました。

甲南6

そこでエサを作り変える事に・・・。

配合は同じですが手水を加えたり

練ったりしていないので

バラケ性の良い軟ボソタッチのエサになります。

このエサに変更すると突如好調になり

魚のサイズも上がってきました。

甲南27

ヒットパターンは深ナジミした

直後の消し込みアタリ。

4~5枚に1枚は600g程の

良型が混じるようになります。

甲南22

11時の昼食休憩の時間までに

60枚(22.2kg)を釣ることに成功し

昼食と情報収集をとりに

事務所に行く事にしました。

甲南21

続く・・・

鬼掛へらブログ
プロフィール
【生まれ年】
1977年
【住まいの地域】
兵庫県三木市
【自己紹介】
(株)ハヤブサ 鬼掛運営課
(鬼掛へら開発担当)
繊細でテクニカルな釣技と爆発力を兼ね備えたセンス溢れる釣が身上のトップトーナメンター。へら業界では今までなかったワークスアングラーとして、様々な大会に参加する傍ら、ハヤブサ社員として鬼掛へらの商品開発を手がける。
【戦歴】
2003年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2004年 ダンクラブ対抗戦 優勝
2006年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2011年 ダイワへらマスターズ 3位
2014年 ダイワへらマスターズ 3位
2015年 ダイワへらマスターズ 3位
2016年 ダイワへらマスターズ 優勝
【へら釣りのきっかけ】
釣り好きの父と良く通っていた鯉の釣堀の隣に、へらの釣堀があったので試しに始めてみた事がきっかけ。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カテゴリ
リンク