Hayabusa鬼掛へらワークスアングラー 斉藤心也 のオフィシャルブログです。商品開発や釣行、トーナメントへの参加など日々の活動を更新致します。是非ご覧下さい。

甲南へらの池【7/14(日)】

201307 / 18
前日に引き続き7/14(日)は

「甲南へらの池」に行ってきました。 
 

甲南

前日は中京の友人達と

近くのビジネスホテルに宿泊して

夕食後、すぐに寝てしまったので

睡眠時間はタップリ。

五時半には現地に到着していました。

甲南3

友人達と3号桟橋4号向きの中央付近に

並んで座ることにします。

甲南4

当日は日曜日だったのでソコソコの混雑度・・・

ガサベラが分散され良型が揃う予感がしたので

9尺のペレット系のカッツケ釣りから入る事にしました。

甲南14

◆タックル◆
竿:9尺(2代目聖)
棚:オモリ~ウキゴムまで30cm
道糸:へら侍童心1.0号
ハリス:へら侍童心0.6号10-16cm
上下鈎:「極ヤラズ・ストロングストレート」
ウキ:陽光作B5.5cmパイプトップ
*エサ落ち目盛は空鈎状態で4目盛だし


◆ダンゴエサ◆
ペレ軽400cc
BBフラッシュ100cc
ダンゴの底夏100cc
水200cc
*30回程かき混ぜたら完成

甲南17

6時頃エサ打ちを開始すると

5分程で動き出し、すぐに釣れ始めました。

甲南11

釣れてきたのは300~400gの旧べら。

その後20分程エサ打ちすると

水面に10匹程のへらが見えるようになります。

しかし前日に比べると魚の量は少なめ・・・

ポツポツとは釣れていましたが

ウキが動く割にはヒット率が悪いので

基エサに手水を入れ軟らかく手直しします。

甲南10

すると、この対応が正解で

入れパクモードに突入しました。

ヒットパターンは基エサを手水で軟らかくした物を

1×1.5cm程に鈎付けし

トップの先端付近まで深くなじませます。

重くて粘りが強いエサなので

魚のいない状態ではウキが水没してしまうので

そういった場合はすぐに打ち返し

魚を寄せる事に集中します。

甲南15

魚の量が十分になってくると

ウキが立つ時やナジム途中で

サワリや止めが入り半目盛残しくらいで

耐えるようになります。

その瞬間に消し込むアタリはヒット率も良く

良型が混じるようになりました。

甲南21

しかし朝の内はガサベラが多く

5枚に1枚くらい良型といった感じ・・・

しかし10時を過ぎた頃からは

ガサベラの量が少なくなったのか

アタリの量も少なくなり

水面に沸いているへら鮒の量も

少なくなってきました。

甲南9

ここでエサが無くなったのでチョッと休憩。

友人達の釣りの見学にまわります。

甲南2

当日は池のコンディションが最高の状態で

どの釣り方でも釣れている感じ。

特に長竿の浅棚では

40cmを超える大型のへら鮒も

良く釣れていました。

甲南5

ここで自分の釣り座に戻り

エサを作り直します。

配合は同じですが作ったままで

手水等で軟らかくしたり練ったりしていない

軟らかいがボソが残った

今までよりもバラケ性の良い物にしました。

甲南16

このエサにして再開すると

最初のアタリ出しまでは10分程掛かりましたが

1枚目から大型のへらが釣れ始めます

甲南19

アタリは先程までと同じく

深ナジミした直後の消し込みアタリ。

そのアタリで乗ってくるのは

ほぼ600~700g級の良型で

中には1kg近い大型も混じるようになってきました。

甲南18

棚は相変わらずウキゴム~オモリまで

30cm程のカッツケ釣りなのに

小型のへらがほとんど釣れないという

僕も驚きの釣りになってしまいます。

甲南25

甲南22

12時くらいまでに77枚を釣り

昼食休憩にいくことにしました。

甲南12

昼食休憩に事務所に行くと同時に

物凄い雨が降ってきます。

雷が鳴っている音も聞こえ

釣りをしている状況ではない感じ・・・

グッドタイミングで事務所に避難出来た結果になりました。

甲南7

昼食をとりながら雨が小降りになるまで

事務所で長めの休憩をし釣りを再開します。

開始直後は小型のへらばかりでしたが

時間が経つにつれ大型の混じる率が高くなっていきます。

甲南20

しかし、またしても真っ黒い雷雲が近づいてきました。

風も強くなり雷鳴も大きくなってきています。

時刻は、まだ15時前で

まだまだ釣りをしたかったのですが

次の日も池の月例大会で当池に訪れる予定・・・

ゲリラ豪雨で道具が濡れた状態で

釣りをするのも嫌だったので

ここで納竿することにしました。

甲南8

トータル枚数は104枚。

カッツケ釣りにしては驚くほどの良型が揃ったので

枚数以上に満足した1日になったのでした。


甲南26
鬼掛へらブログ
プロフィール
【生まれ年】
1977年
【住まいの地域】
兵庫県三木市
【自己紹介】
(株)ハヤブサ社員 販売促進課
(鬼掛へら開発担当)
繊細でテクニカルな釣技と爆発力を兼ね備えたセンス溢れる釣が身上のトップトーナメンター。へら業界では今までなかったワークスアングラーとして、様々な大会に参加する傍ら、ハヤブサ社員として鬼掛へらの商品開発を手がける。
【戦歴】
2002年 マルキューチョーチン王座決定戦 3位
2003年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2004年 ダンクラブ対抗戦 優勝
2005年 シマノジャパンカップ 7位
2006年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2011年 ダイワへらマスターズ 3位
【へら釣りのきっかけ】
釣り好きの父と良く通っていた鯉の釣堀の隣に、へらの釣堀があったので試しに始めてみた事がきっかけ。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カテゴリ
リンク