Hayabusa鬼掛へらワークスアングラー 斉藤心也 のオフィシャルブログです。商品開発や釣行、トーナメントへの参加など日々の活動を更新致します。是非ご覧下さい。

宮川園「7月度月例大会」【7/7(日)】Ⅲ

201307 / 10
続き・・・
宮川園11

午後からはタックルをマイナーチェンジ

することにします。

軟らかいバラケエサが棚まで確実に持つように

上鈎を「極ヤラズ7号」から同8号に変更し

極ヤラズ

バラケエサを配合は変えずに水を50cc増量して

最初から軟らかいタッチの物にしました。

◆バラケエサ◆
粒戦100cc
セットガン200cc
水250cc   *ドロドロにして5分放置
プログラム200cc
BBフラッシュ100cc
*30回程かき混ぜたら完成

宮川園10

他のタックルは午前中と同じままで

棚はウキゴム~オモリまで

40cm程で再開します。

宮川園15

昼食休憩中に参加者のフラシを一斉に検量したので

アタリ出しには10分近く掛かりましたが

その後すぐに1枚目が釣れてきました。

宮川園29

その後もアタリは続き

すぐに時間10枚程のペースになります。

宮川園30

ヒットパターンは午前中と同じですが

時間が経つにしたがって

水面に見えるへらの量が増えてきました。

それに伴い糸ズレアタリも増えていき

ヒット率も悪くなってしまいます・・・

宮川園35

いつもは朝一が1番、魚の活性が高い状態で

終盤に向かうにつれ活性が下がっていくのですが

どうやら、この日は逆のようで

後半に向かうにつれ高まっている様子・・・

宮川園31

ウキの動きを見ても、もう少し釣れそうな感じがしたので

ペースアップを目論みタックルの1部を

マイナーチェンジしてみることにしました。

宮川園14

◆変更点◆
棚:40cm→30cm(ウキゴム~オモリまで)
下鈎:「喰わせヒネリ4号」→同5号
ハリス:へら侍童心0.3号/25cm→同0.4号/25cm

喰わせヒネリ

棚を10cm程、浅くして

下鈎を1サイズアップしました。

すると、この変更は大正解で

突如、連荘で釣れ始めます。

宮川園32

宮川園33

入れパクとはいきませんが

大きな穴を空けることなく

いつもに比べ良型も揃います。

宮川園34

宮川園22

最後は時間15枚程の

当日、最高のペースとなり

16時の大会終了時間を迎えました。

宮川園37

午後からの4時間は46枚。

合計釣果は39.2kg(91枚)で

僕が優勝となりました。

宮川園39

2位は4号桟橋5号向き中央で

7尺棚80cmの力玉セットで28.7kg。

3位は3号桟橋4号向き手前で

7尺棚20~30cmのウドンセットで

22kg台となりました。


宮川園40

*「宮川園」は2015年11月に閉園となりました。
鬼掛へらブログ
プロフィール
【生まれ年】
1977年
【住まいの地域】
兵庫県三木市
【自己紹介】
(株)ハヤブサ社員 販売促進課
(鬼掛へら開発担当)
繊細でテクニカルな釣技と爆発力を兼ね備えたセンス溢れる釣が身上のトップトーナメンター。へら業界では今までなかったワークスアングラーとして、様々な大会に参加する傍ら、ハヤブサ社員として鬼掛へらの商品開発を手がける。
【戦歴】
2002年 マルキューチョーチン王座決定戦 3位
2003年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2004年 ダンクラブ対抗戦 優勝
2005年 シマノジャパンカップ 7位
2006年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2011年 ダイワへらマスターズ 3位
【へら釣りのきっかけ】
釣り好きの父と良く通っていた鯉の釣堀の隣に、へらの釣堀があったので試しに始めてみた事がきっかけ。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カテゴリ
リンク