Hayabusa鬼掛へらワークスアングラー 斉藤心也 のオフィシャルブログです。商品開発や釣行、トーナメントへの参加など日々の活動を更新致します。是非ご覧下さい。

水藻フィッシングセンター6月度月例大会【6/16(日】Ⅲ

201306 / 21
続き・・・ 
 

水藻16

昼食中、他の参加者の話を聞くと

いつもに比べて状況は良くないらしく

3フラシ目に入った人はいない様子・・・

浅い棚やチョーチン両ダンゴの人は苦戦していて

7尺チョーチンセットの人は

比較的ポツポツ,釣れているとの事でした。

水藻25

同池の浅棚は午後からは悪くなる傾向で

違う釣り方に変えようか迷いましたが

特に他の釣りが釣れているとの話もなかったので

午前中と同じ釣り方で再開します。

30分間の休憩で魚が散っていると重いきや

3投目からアタリがあり

すぐに1枚目が釣れてきました。

水藻12

寄り始めの魚は素直で

その後、2枚目3枚目も

間を空けずに釣れてきます。

水面にへら鮒の姿が見え始め

アタリも増えていきました。

水藻13

最初の1時間で15枚程釣り

調子が上向いていたと思っていましたが

2時間目で失速・・・ 

その後は時間が経つごとに

アタリは減ってしまい

水面にへら鮒の姿が見えている割に

アタリが少なくヒット率も悪くなってしまいました・・・。 

水藻17

そこでハリスを20cmに伸ばし

バラケエサに手水を入れて軟らかくし

抜き系の釣りにシフトチェンジしてみます。

すると入れパクにはならないものの

大きな穴が空くことなく

ポツポツと釣れるのが分りました。

水藻14

朝のペースには程遠いですが

他にもっと釣れる方法が見つからなかったので

これ以上のペースは諦め

午後からは41枚を追加して

3時半の大会終了時間を迎えます。

水藻22

集計の結果は41.9kg(93枚)で2位。

1位は15尺棚2mの両ダンゴで46kg。

3位は3号桟橋中央の7尺チョーチンヒゲセットで34kg。

4位~10位くらいまでは

7尺チョーチン固形セットの人が

ほとんどを占めた結果となりました。

水藻26

2位の賞品は、この釣り場で使える

商品券¥5000分。

これで、あと2回は無料で釣りが出来ます。


水藻27
鬼掛へらブログ
プロフィール
【生まれ年】
1977年
【住まいの地域】
兵庫県三木市
【自己紹介】
(株)ハヤブサ社員 販売促進課
(鬼掛へら開発担当)
繊細でテクニカルな釣技と爆発力を兼ね備えたセンス溢れる釣が身上のトップトーナメンター。へら業界では今までなかったワークスアングラーとして、様々な大会に参加する傍ら、ハヤブサ社員として鬼掛へらの商品開発を手がける。
【戦歴】
2002年 マルキューチョーチン王座決定戦 3位
2003年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2004年 ダンクラブ対抗戦 優勝
2005年 シマノジャパンカップ 7位
2006年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2011年 ダイワへらマスターズ 3位
【へら釣りのきっかけ】
釣り好きの父と良く通っていた鯉の釣堀の隣に、へらの釣堀があったので試しに始めてみた事がきっかけ。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カテゴリ
リンク