Hayabusa鬼掛へらワークスアングラー 斉藤心也 のオフィシャルブログです。商品開発や釣行、トーナメントへの参加など日々の活動を更新致します。是非ご覧下さい。

佐屋川温泉前寄せ場【5/13(日)】3

201205 / 16
昨日の続き・・・

佐屋川

昼食は参加した例会の人が出前で頼んでくれたチキンカツ弁当。

本格的な弁当でボリュームもあり、味もおいしく、座席まで届けてくれるので最高です。

昼食ついでに周りの様子を伺うと、やはり短竿の浅棚ウドンセットが1番釣れている模様。

両ダンゴや両グルテン、ヒゲトロセットでも釣れなくはないみたいですがアタリの量は

ウドン系のセット釣りに比べると極端に少なく、魚のサイズもそんなに変わらないようでした。

アタリの量では底釣りが1番あるようでしたが真鮒や鯉等の外道が多く

肝心なへらのサイズも、あまり良くないとの事で、翌週の大会でも同じ傾向だろうとの事でした。

昼食後は全員のフラシを検量して、へらを放流してしまった為

ウキが動き出すまでに15分程掛かりました。

しかも、それからも状態が良くなりません。

ハリスを伸ばしたり、棚を深くしたりして騙し騙しの拾い釣りに徹します。

魚の平均サイズは午前中に比べ、手の平サイズのへらが来なくなった分良くなった感じですが

アタリの量は半分以下になりました。

温泉前へら2 

その後、我慢してエサ打ちを続けていると、急に地合が来たようでバタバタッと10枚くらい釣れ

3回目の検量をしますが、その後はウキが動かなくなってしまいました。

周囲の人も同じような感じで激渋状態。

最後の50分間で4枚しか釣ることが出来ず、例会は終了しました。

検量の結果は僕が28.4kg(58枚)で優勝。

2位は僕の隣で8尺棚70cm前後のウドンセットをした友人で27kg台と続きました。

例会が終了したのは午後3時。

例会に参加している人は皆、釣りをやめてしまったのですが

まだ、釣りをしても大丈夫というので釣りバカの僕と友人は、釣りを続けます。

夕方まで竿を振り続け、大満足で納竿したのでした。

温泉前へら3 
納竿間際には1kg近い腹パンのへらが釣れました。

この釣り場の1日の釣り料金は¥1000 と激安です。

ぜひ行ってみて下さい。


◆佐屋川温泉前寄せ場◆
住所:愛知県海部郡蟹江町蟹江新田佐屋川西
℡0567-95-6254

*事務所がないので釣り座まで集金に来てくれます。
トイレは水洗式のキレイな物があるので安心です。

鬼掛へらブログ
プロフィール
【生まれ年】
1977年
【住まいの地域】
兵庫県三木市
【自己紹介】
(株)ハヤブサ 鬼掛運営課
(鬼掛へら開発担当)
繊細でテクニカルな釣技と爆発力を兼ね備えたセンス溢れる釣が身上のトップトーナメンター。へら業界では今までなかったワークスアングラーとして、様々な大会に参加する傍ら、ハヤブサ社員として鬼掛へらの商品開発を手がける。
【戦歴】
2003年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2004年 ダンクラブ対抗戦 優勝
2006年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2011年 ダイワへらマスターズ 3位
2014年 ダイワへらマスターズ 3位
2015年 ダイワへらマスターズ 3位
2016年 ダイワへらマスターズ 優勝
2017年 シマノジャパンカップ 優勝
【へら釣りのきっかけ】
釣り好きの父と良く通っていた鯉の釣堀の隣に、へらの釣堀があったので試しに始めてみた事がきっかけ。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カテゴリ
リンク