Hayabusa鬼掛へらワークスアングラー 斉藤心也 のオフィシャルブログです。商品開発や釣行、トーナメントへの参加など日々の活動を更新致します。是非ご覧下さい。

宮川園【6/1(土)】

201306 / 03
6/1(土)は滋賀県東近江市にある

「宮川園」に行って来ました。 
 

宮川園17
この日は約束していた友人との釣行で

7時チョッと前に池に到着し4号桟橋の5号桟橋向きに

並んで座ることにしました。

宮川園4

土曜日なので釣り会等はなく

一般のお客さんも朝一から来る人は少なめ。

4号桟橋は先着者2名と貸切状態です。

宮川園6

両ダンゴのカッツケ釣りでかなり釣れそうな予感がしましたが

翌日の月例大会に備えてカッツケの感嘆セットから

開始することにしました。

宮川園7

◆タックル◆
竿:6尺(3代目剣鋒)
棚:ウキゴム~オモリまで30cm
道糸:へら侍童心0.7号
上ハリス:へら侍童心0.5号/7cm
下ハリス:へら侍童心0.4号/25cm
上鈎:鬼掛「極ヤラズ6号」
下鈎:鬼掛「喰わせヒネリ5号」
ウキ:陽光作B5cmパイプトップ
*エサ落ち目盛は空鈎状態で4目盛出し
陽光作B5cmパイプトップ

◆バラケエサ◆
粒戦100cc
セットガン200cc
水200cc    *ドロドロにして5分放置
凄麩200cc
軽麩100cc
*30回程かき混ぜたら完成。

◆クワセエサ◆
感嘆10cc
水17cc
*フタ付きの計量カップに入れてシェイクして仕上げる(練らない)



7時半頃にエサ打ちをスタートすると

1投目から魚の気配を感じ3投目には1枚目が釣れてしまいました。

宮川園8

さらに連荘で2枚目も釣れてきて

10分もエサ打ちするとアタリっきり状態になり

水面に5~6匹のへら鮒が見えるようになります。

宮川園9

開始当初はカラツンもなく良いペースで釣れてきましたが

魚の寄りが激しくなると糸ズレアタリが多くなり

ヒット率が大幅に下がってしまいました。

そこで下鈎を「喰わせヒネリ5号」から同6号にサイズアップし

下ハリスを25cmから18cmに詰めてみます。

すると、この対応は正解で時間20枚近いペースになりました。

宮川園10

宮川園11

ここでバラケエサが無くなったので

タックルを変更して両ダンゴのカッツケ釣りに変更してみます。

10分程で釣れ出したもののアタリは散発で

セット釣りの半分くらいしか釣れません・・・。

上手く合わせれば、もう少しくらいペースアップ出来そうでしたが

セット釣りの方がより簡単に釣れそうだったので

30分程で元のタックルに戻してしまいました。

宮川園

セット釣りに戻し、しばらくは順調に釣れていましたが

11時を過ぎると急にアタリが少なくなってしまいます。

理由は後方から強い風が吹いてきて流れが発生したのと

後から来た友人や知人達が並んで入った為で

分散してしまった為か水面にたくさん浮いていたへら鮒の姿も

ほとんど見えなくなってしまいました。

宮川園19

それでもお昼までに67枚を釣る事が出来

事務所で注文したカップラーメンと買って来たおにぎりで

昼食休憩することにします。






続く・・・
鬼掛へらブログ
プロフィール
【生まれ年】
1977年
【住まいの地域】
兵庫県三木市
【自己紹介】
(株)ハヤブサ社員 販売促進課
(鬼掛へら開発担当)
繊細でテクニカルな釣技と爆発力を兼ね備えたセンス溢れる釣が身上のトップトーナメンター。へら業界では今までなかったワークスアングラーとして、様々な大会に参加する傍ら、ハヤブサ社員として鬼掛へらの商品開発を手がける。
【戦歴】
2002年 マルキューチョーチン王座決定戦 3位
2003年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2004年 ダンクラブ対抗戦 優勝
2005年 シマノジャパンカップ 7位
2006年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2011年 ダイワへらマスターズ 3位
【へら釣りのきっかけ】
釣り好きの父と良く通っていた鯉の釣堀の隣に、へらの釣堀があったので試しに始めてみた事がきっかけ。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カテゴリ
リンク