Hayabusa鬼掛へらワークスアングラー 斉藤心也 のオフィシャルブログです。商品開発や釣行、トーナメントへの参加など日々の活動を更新致します。是非ご覧下さい。

水元公園内溜【5/3(金)】2

201305 / 08
続き・・・ 

水元

用意したタックルは次の通り。

◆タックル◆
竿:10尺(普天元独歩)
棚:1m(ウキゴム~オモリまで)
道糸:へら侍童心0.6号
上ハリス:へら侍童心0.5号/7cm
下ハリス:へら侍童心0.3号/50cm
上鈎:鬼掛「極ヤラズ6号」
下鈎:鬼掛「喰わせヒネリ3号」
ウキ:陽光作 中細パイプトップ4.5号
*エサ落ち目盛は6目盛中、カラ鈎状態で4目盛だし
陽光作パイプトップB45㎜

◆バラケエサ◆
粒戦100cc
セットガン300cc
水200cc   *ドロドロにして5分放置
プログラム200cc
*30回程かき混ぜたら完成

◆クワセエサ◆
感嘆10cc
水15cc
*フタ付きの計量カップに入れシェイクして仕上げる(練らない)

水元29

手早く準備を済ませ7時過ぎに1投目を投入します。

昨年はクチボソやブルーギルが多く

1投目からウキが動く感じだったのですが

この日は何故か静か・・・

ウキが動き出すのに1時間近く経ってしまいました。

そして1匹目に釣れたのが・・・

水元12

 ブルーギル・・・

結構、良いアタリだったので期待してしまいました。

その後はクチボソ、ブルーギルと続きます。

水元13

水元11

しかし、外道以外にもへら鮒っぽい気配もあり

時折、力強い動きも出てきています。

そして、ついに本命が釣れてきました。

水元9

しかし、口元のスレ・・・

40cmくらいの腹パンで見事な魚体のへら鮒でした。

その後は外道が釣れなくなり

へらっぽい動きが多くなります。

しかし、なかなか決めアタリが出ないので

下ハリスを一気に70cmに伸ばし

鈎を「喰わせヒネリ3号」から同4号にサイズアップしてみました。

喰わせヒネリ4号

すると効果覿面

ウキがナジンですぐの消しこみアタリで

1枚目が喰ってきました。

水元10

上鈎のバラケエサに(笑)・・・

この釣り場にしてはチョッと痩せ型の35cm程のサイズでしたが

物凄い引きを楽しませてくれました。

次に来たのは40分後・・・

同じようなアタリで下鈎をガッチリ喰って来たのは

見事な腹パンべら。

DSC_0107.jpg

しかし、2枚を釣った所でアタリが無くなってしまいました。

バラケのタッチを色々探ってみますが

反応が無い為、棚を探ってみます。

初めに深くすると、すぐに2~3回、糸ズレのような動きが出ましたが

その後は反応ナシ・・・

しかしエサを切る時に、かなり上層の方で

へら鮒らしき魚が引っ掛かりました。

すぐに外れてしまいましたが水面下50cm程の所に居た様子。

そこで1mだった棚を徐々に浅くしていくと

ウキゴム~オモリまで30cm程にした所で

強い動きが連続するようになりました。

水元28

その後は今までが嘘のようにアタルようになります。

しかしヒット率が悪くカラツンやスレが連発・・・

そこでハリスを50cmに詰めて対応しましたが

詰めた途端にアタリが無くなってしまったので

70cmに戻し、カラツンは我慢することにしました。

するとポツリポツリとですが釣れ始めます。

水元8

DSC_0100.jpg

ヒットパターンは直径2cm弱にバラケエサを鈎付けし

水没寸前までウキを深くなじませ

そこから10秒程かけてバラケエサが落ちます。

そのバラケエサが落ちる寸前~直後の消しこみに近いアタリで

ほとんどの魚がヒットしてきました。

水元17

釣れて来るへら鮒は、どれも40cm近い

腹パンの1kgクラスばかり・・・

魚影は薄いのでアタリっきりにはなりませんが

昼食休憩までに5枚を釣る事が出来ました。





続く・・・
鬼掛へらブログ
プロフィール
【生まれ年】
1977年
【住まいの地域】
兵庫県三木市
【自己紹介】
(株)ハヤブサ 鬼掛運営課
(鬼掛へら開発担当)
繊細でテクニカルな釣技と爆発力を兼ね備えたセンス溢れる釣が身上のトップトーナメンター。へら業界では今までなかったワークスアングラーとして、様々な大会に参加する傍ら、ハヤブサ社員として鬼掛へらの商品開発を手がける。
【戦歴】
2003年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2004年 ダンクラブ対抗戦 優勝
2006年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2011年 ダイワへらマスターズ 3位
2014年 ダイワへらマスターズ 3位
2015年 ダイワへらマスターズ 3位
2016年 ダイワへらマスターズ 優勝
【へら釣りのきっかけ】
釣り好きの父と良く通っていた鯉の釣堀の隣に、へらの釣堀があったので試しに始めてみた事がきっかけ。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カテゴリ
リンク