Hayabusa鬼掛へらワークスアングラー 斉藤心也 のオフィシャルブログです。商品開発や釣行、トーナメントへの参加など日々の活動を更新致します。是非ご覧下さい。

M-1カップ「朝日池予選」【4/13(土)】2

201304 / 16
続き・・・

朝日池25 

6:20に競技が開始されました。

途中、30分昼食休憩がありますが場所移動等はなく

14時までの総重量で順位がつきブロック2位以内なら無条件で

ブロック予選に進出出来ます。

朝日池17 

前回の釣行時は、エサ打ちを開始してすぐに動きだし釣れたので

1投目から釣るつもりでジックリとエサ打ちを開始しました。
 
しかし、予想とは裏腹に20分経過しても一向に動かず・・・

しかし、同じブロックの中央付近にいる浅棚セットをしている友人は

アタリ始めたようで2枚3枚と釣リ始めます。

朝日池11 
一方、僕の方に動きが出てきたのは30分程経ってから・・・

早めにバラケエサを落とし2~3回縦誘いを入れていると

1目盛程ハッキリと落として嬉しい1枚目が釣れてきました。

朝日池 

しかし、これからだと思うもサワリが出る割に決めアタリが出ず

やっとアタリが出ても弱いアタリでヒット率も良くありません。

バラケを軟ネバタッチにしてみたり硬ボソタッチにしてみたりすると

変え際に1枚釣れたりしますが後が続かずポツポツ拾う展開が続きます・・・

朝日池2 

朝日池3 

そうこうしている内に浅棚を選択している選手のペースが良くなってきました。

型は良くないものの連続して絞る姿が目に入ってきます。

ここで僕は辛抱たまらず8尺のまま浅棚セットに変更してしまいます。

しかし、30分程やってみましたが1枚も追加出来ず 

アタリの量もチョーチンと大差が無い感じ・・・

浅棚で連荘で釣れていたのも一時的だったようで落ち着いてしまいました。

これから喰い渋りの時間になったらチョーチンの方が有利に感じたので

最初のチョーチンのセッティングに戻す事にします。

朝日池9 

チョーチンに戻すと、すぐに1枚が釣れ

落ち着きを取り戻す事が出来ました。

朝日池12  

しかし、この後は極端にアタリが無くなってしまいます。

バラケのタッチやハリスの長さ等を小まめに変え

成功すると変え際に1枚釣れるという展開で

何枚かを拾い昼食休憩の時間を迎えました。

朝日池20 

ここまでの釣果は9枚・・・

周りでは釣っている方ですが

同じブロックの中央付近にいる短竿チョーチンセットの選手が15~16枚。

浅棚セットをしている友人2人が13~14枚ずつ釣っているそうなので

今の順位は恐らくブロックで4~5番手・・・

午後から頑張らなくては厳しい状態になってきました。

朝日池10 

続く・・・

鬼掛へらブログ
プロフィール
【生まれ年】
1977年
【住まいの地域】
兵庫県三木市
【自己紹介】
(株)ハヤブサ 鬼掛運営課
(鬼掛へら開発担当)
繊細でテクニカルな釣技と爆発力を兼ね備えたセンス溢れる釣が身上のトップトーナメンター。へら業界では今までなかったワークスアングラーとして、様々な大会に参加する傍ら、ハヤブサ社員として鬼掛へらの商品開発を手がける。
【戦歴】
2003年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2004年 ダンクラブ対抗戦 優勝
2006年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2011年 ダイワへらマスターズ 3位
2014年 ダイワへらマスターズ 3位
2015年 ダイワへらマスターズ 3位
2016年 ダイワへらマスターズ 優勝
【へら釣りのきっかけ】
釣り好きの父と良く通っていた鯉の釣堀の隣に、へらの釣堀があったので試しに始めてみた事がきっかけ。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カテゴリ
リンク