Hayabusa鬼掛へらワークスアングラー 斉藤心也 のオフィシャルブログです。商品開発や釣行、トーナメントへの参加など日々の活動を更新致します。是非ご覧下さい。

朝日池【3/31(日)】

201304 / 01

3/31(日)は岐阜県の「朝日池」に行ってきました。


朝日池9 

この日は4/13(土)に行われるM-1カップの

下見を兼ねての釣行で5号桟橋の6号桟橋向きに

中京に住んでいる友人達と一緒に並んで竿を振りました。

10名程の友人達が隙間なく並び僕は渡り桟橋から5席目に陣取ります。 

朝日池11 

この池の常連さん達が1番無難と助言してくれた

8尺チョーチンセットから開始することにしました。


◆タックル◆
竿:8尺(閃光XX)
棚:チョーチン(穂先~ウキまでウキ1本+2cm空ける)
道糸:へら侍童心0.7号
上ハリス:へら侍童心0.5号/7cm
下ハリス:へら侍童心0.3号/50cm
上鈎:鬼掛「極ヤラズ6号」
下鈎:鬼掛「喰わせヒネリ2号」
ウキ:巧実 縦誘いGムク5号
*エサ落ち目盛はカラ鈎状態で4目盛出し
巧実縦誘いGムク5号 

◆バラケエサ◆
粒戦100cc
セットガン300cc
水200cc   *ドロドロにして10分放置
プログラム200cc
*30回程かき混ぜたら完成

◆クワセエサ◆
感嘆10cc
水17cc
*フタ付きの計量カップに入れシェイクして仕上げる。



7時過ぎにゆっくりとエサ打ちを開始すると

近くで短竿の浅棚セットをしている友人達が早くも釣り始めました。 

僕の方も7~8投で動き出し、すぐに釣れ始めます。

朝日池 

1枚釣れると一気にアタリっきり状態になりました。

しかしヒット率が悪く空振りばかり・・・

ワタカが釣れて来たので正体はコイツのようですが

同じようなアタリで普通にへらが釣れてきたりするので

混在している感じ・・・

ハリスを45cmに詰めると若干ヒット率は上がったものの

相変わらずカラツンが多いのでウキを1サイズ大きくしてみました。
(巧実 縦誘いGムク5号→6号)
巧実縦誘いGムク6号 

しかし、これは失敗だったようでサワリ、アタリ共に極端に減ってしまいます。

周りの人もアタリが減ってきたと言っていたので

地合が落ちたのも原因にあるとは思いますが

ハリスを伸ばしてもバラケのタッチを変えてみても

好転する兆しがないので元のセッティングに戻します。

朝日池10 

しかし、途中休憩を入れてしまったせいか

アタリの量は増えずポツポツと拾う状況から抜け出せません。

色々と試した結果、バラケエサは軟らかめの

抜き系の釣り方で、浅ナジミでバラケエサをすぐに落とし

クワセエサだけで縦誘いを繰り返し

その途中のアタリを狙うのが正解の感触。

しかし、アタル割にはヒット率は上がらず

魚のサイズも浅棚と大差なく1枚300g前後と上がりません。

相変わらずポツポツのペースが続きます・・・

朝日池15  

昼過ぎまでに20枚少々釣った時点で

浅棚セットをしている友人は40枚以上を釣り上げていたので

午後からは浅い棚を試してみることにしました。





続く・・・
鬼掛へらブログ
プロフィール
【生まれ年】
1977年
【住まいの地域】
兵庫県三木市
【自己紹介】
(株)ハヤブサ 鬼掛運営課
(鬼掛へら開発担当)
繊細でテクニカルな釣技と爆発力を兼ね備えたセンス溢れる釣が身上のトップトーナメンター。へら業界では今までなかったワークスアングラーとして、様々な大会に参加する傍ら、ハヤブサ社員として鬼掛へらの商品開発を手がける。
【戦歴】
2003年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2004年 ダンクラブ対抗戦 優勝
2006年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2011年 ダイワへらマスターズ 3位
2014年 ダイワへらマスターズ 3位
2015年 ダイワへらマスターズ 3位
2016年 ダイワへらマスターズ 優勝
【へら釣りのきっかけ】
釣り好きの父と良く通っていた鯉の釣堀の隣に、へらの釣堀があったので試しに始めてみた事がきっかけ。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カテゴリ
リンク