Hayabusa鬼掛へらワークスアングラー 斉藤心也 のオフィシャルブログです。商品開発や釣行、トーナメントへの参加など日々の活動を更新致します。是非ご覧下さい。

宮川園【3/10(日)】

201303 / 13

3/10(日)は滋賀県の名神高速竜王インター近くにある

「宮川園」に行って来ました。


宮川園 

この日は「京滋湖水会」さんの例会に

ゲスト参加させていただきました。

宮川園2

この日の指定場所は5号桟橋の岸向き。

抽選の結果、手前から2人目の席が当たりました。

宮川園5 

早速、釣り座に着きタックルの準備を開始します。
 
先週の月例大会で優勝した知人を習い

6尺の段底で開始することにしました。

◆タックル◆
竿:6尺(荒法師武天)
棚:竿一杯の段底(下鈎3cmズラシ)
道糸:へら侍童心0.6号
上ハリス:へら侍童心0.4号/7cm
下ハリス:へら侍童心0.3号/60cm
上鈎:鬼掛「極ヤラズ6号」
下鈎:鬼掛「喰わせヒネリ3号」
ウキ:巧実 浅棚PC5号
*エサ落ち目盛はカラ鈎状態で4目盛出し

巧実浅棚PC5号 

◆バラケエサ◆
Sデザインレッド300cc
水100cc
*30回程かき混ぜたら完成。

◆クワセエサ◆
感嘆10cc
水20cc
*フタ付きの計量カップに入れシェイクして仕上げる(練らない)


例会は7時頃スタートしましたが

午後から雨との予報の為、テントを設置していたり

仕掛け作りをしていたので

10分程遅れてのスタートとなりました。

宮川園4 

その頃、右隣の知人は、すでに3枚も釣っています。

15尺の両ウドンの底釣りで2投目からアタリがあって

入れアタリ状態との事でした。

僕の方も5投目くらいから気配を感じ

10投もしないうちに1枚目がヒットします。

宮川園7 

キレイな魚体のへらで500gくらいありそうでした。

その後もサワリは続き

ポツリポツリと3枚ほどゲットします。

宮川園8 

宮川園9  

3枚とも新べらのようなキレイな魚体で500g以上は

ありそうな感じ・・・

今日は10kg以上は釣れそうだなと思い始めると

何故だか急にアタリがなくなってしまいました。

宮川園3 

そこで魚の量が減ったと感じ

ボソの強い基エサをいじらずに大きめに鈎付けし

早いテンポで打ち返します。

しかし、これは逆効果だったのか

たまに出るサワリも無くなってしまいました・・・

ならばと今度は逆に手水で練った軟ネバタッチを試してみます。

宮川園15 

すると、すぐに効果はありませんでしたが

スローテンポでエサ打ちしていると

上ずった魚が底に落ち着いてきたのか

サワリが出るようになりポツポツと釣る事が出来ました。

宮川園6 

少し型は悪くなってしまいましたが

釣れる間隔が短くなってきます。

宮川園11 

ヒットパターンは手水で軟ネバタッチにしたバラケエサを

直径1.7cm程に鈎付けし

トップが水没するギリギリまで深く馴染ませます。

バラケエサは10~20秒で完全に落ち

クワセだけの状態になった所で

縦誘いや置き直しの誘いをすると

半節程、鋭くアタルといった感じで

バラケが落ちてから平均2~3分待つリズムでした。

宮川園12 

10時頃までに12枚を釣りトップグループに追いついた感じです。

バラケエサが無くなってきたので

Sデザイン・レッド250ccに水100ccと

初めから軟らかめに作り

気合を入れて再開します。





続く・・・
鬼掛へらブログ
プロフィール
【生まれ年】
1977年
【住まいの地域】
兵庫県三木市
【自己紹介】
(株)ハヤブサ社員 販売促進課
(鬼掛へら開発担当)
繊細でテクニカルな釣技と爆発力を兼ね備えたセンス溢れる釣が身上のトップトーナメンター。へら業界では今までなかったワークスアングラーとして、様々な大会に参加する傍ら、ハヤブサ社員として鬼掛へらの商品開発を手がける。
【戦歴】
2002年 マルキューチョーチン王座決定戦 3位
2003年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2004年 ダンクラブ対抗戦 優勝
2005年 シマノジャパンカップ 7位
2006年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2011年 ダイワへらマスターズ 3位
【へら釣りのきっかけ】
釣り好きの父と良く通っていた鯉の釣堀の隣に、へらの釣堀があったので試しに始めてみた事がきっかけ。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カテゴリ
リンク