Hayabusa鬼掛へらワークスアングラー 斉藤心也 のオフィシャルブログです。商品開発や釣行、トーナメントへの参加など日々の活動を更新致します。是非ご覧下さい。

甲南へらの池 2月度月例大会【2/10(日)】2

201302 / 15
続き・・・

甲南9 
新べらが釣れてくる時は

バラケが付いている時~落ちた直後と

比較的、早めのアタリが多く

1目盛以上の良いアタリが多い感じがしました。

バラケエサも基エサにセット専用バラケを絡めた

ボソが残ったタッチに反応が良かった感じがします。
 
甲南14

しかし、新べらを3枚程上げると、その後は

上記のようなタッチのバラケでは動きが

もらえなくなってしまいました。

甲南15 

隣の友人も同じような感じなので

新べらがいなくなったのでしょう。

ここでバラケエサに手水を入れ少し練った

ヤワネバタッチにすると動きが復活してきました。

そして・・・ 







・・・







・・・







・・・








奇跡の3連荘  






・・・







・・・







・・・







フグ 
フグみたいな口のへらに・・・ 

マンボウ 
マンボウ・・・ 

フグ  
そして再びフグ・・・


新べらは全く釣れなくなってしまい

口の変形した旧べらばかりになってしまいました。

しかし型は悪いものの周囲から見れば

良いペースで釣れている感じ。

17枚を釣った所で昼食休憩のアナウンスがあり

事務所へ向かうことにします。

甲南19

この月例大会は¥3000で昼食付き

今回はカレーを注文して、おいしくいただきました。
 

昼食休憩までの釣果は6.5kg(17枚)。

全体で2位の釣果で1位は奥の方の9尺段底で7.4kgとの事。

思ったより良い成績だったので

午後からも同じ釣り方で開始することにします。

甲南11 
昼食後はアタリ出しが遅く

30分以上掛かった上にアタリも続かず

1時間チョッとやって2枚・・・

型も良くないので10尺のメーターセットにチェンジしましたが

さらにアタリ出しも遅く、ほとんど当たらない感じ・・・

1時間半程で3枚釣れましたが

ウキが動いたのが5回だけで、その後釣れる感じがしなかったので

再び15尺に戻しました。

戻してからもアタリは遠かったのですが

10尺に比べたら、かなりウキは動きます。

最後の1時間半程で4枚を追加して終了の時間となりました。

甲南2 

後半戦は9枚しか追加できず

合計釣果は10.0kg(26枚)。

3位と順位を落としてしまいましたが賞金はゲットできました。

甲南6 

1位は1号桟橋向きの奥の波除パイプ横で

9尺段底をされた方が13.2kgとブッチギリ。

2位は1号桟橋向き手前で9尺チョーチンセットの方が10.1kg。

4位は1号桟橋向きの奥で13尺メーターセットの方が9.5kgとなりました。

甲南10  
鬼掛へらブログ
プロフィール
【生まれ年】
1977年
【住まいの地域】
兵庫県三木市
【自己紹介】
(株)ハヤブサ社員 販売促進課
(鬼掛へら開発担当)
繊細でテクニカルな釣技と爆発力を兼ね備えたセンス溢れる釣が身上のトップトーナメンター。へら業界では今までなかったワークスアングラーとして、様々な大会に参加する傍ら、ハヤブサ社員として鬼掛へらの商品開発を手がける。
【戦歴】
2002年 マルキューチョーチン王座決定戦 3位
2003年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2004年 ダンクラブ対抗戦 優勝
2005年 シマノジャパンカップ 7位
2006年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2011年 ダイワへらマスターズ 3位
【へら釣りのきっかけ】
釣り好きの父と良く通っていた鯉の釣堀の隣に、へらの釣堀があったので試しに始めてみた事がきっかけ。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カテゴリ
リンク