Hayabusa鬼掛へらワークスアングラー 斉藤心也 のオフィシャルブログです。商品開発や釣行、トーナメントへの参加など日々の活動を更新致します。是非ご覧下さい。

甲南へらの池 【1/13(日)】3

201301 / 17
続き・・・ 

甲南 

昼食は朝に予約しておいた「カツカレー」
 
体も温まり、おいしく頂きました。



事務所で例会参加者に状況を伺うと

かなり厳しい状況のようで、まだボウズの人もいる様子・・・

6枚でも良い方との事だったので

午後からも同じ釣り方で再開することにします。



再開後はウキが動きだすまでに30分程かかり

その後も安定して動きが出せません。

ここで、たまらず下鈎を90cmにすると

1投目に黒帯の半分くらい抑える

極小のアタリで1枚目が釣れてきました。

これからだと思ったのですが

ウキのナジミ幅がおかしい事に気づきます。

下鈎が全然張らないのです。

もしやと思い下鈎に棚取りオモリを付けてみると

ナジミ幅は全く出ず、完全に底に着いていることが判明しました。

僕の座っている付近は馬の背になっていて

9尺で段底が出来る程、浅くなっているそうです。

僕の8尺の仕掛けは竿尻よりチョッと長くしてあり

90cmのハリスをつけたので底に着いてしまったようでした。 

甲南4 

その後しばらくは道糸を詰めて対応していたのですが

底ギリギリすぎると気づいてしまった為か

釣れる気がしなくなってしまいました。

そこで90cmハリスの仕掛けのまま

タックルは全く同じで7尺に変更することにします。

 
バラケエサはチョッと練った感じの小エサが良く

今まで使っていたのも無くなってきたので

セット専用バラケを抜いた

バラケ性の少ない配合のエサに作り変えました。

◆変更後のバラケエサ◆
粒戦100cc
セットガン200cc
水150cc   *ドロドロにして10分放置
パウダーベイトスーパーセット200cc
*30回程かき混ぜたら完成



ウキは同じ物を使いましたが

2節ほどナジミを入れた方が良かったので

3目盛出しから4目盛出しに変更しました。
(*カラ鈎状態で)

クワセの感嘆は朝一作った物をそのまま使い

再開する事にします。



続く・・・

鬼掛へらブログ
プロフィール
【生まれ年】
1977年
【住まいの地域】
兵庫県三木市
【自己紹介】
(株)ハヤブサ社員 販売促進課
(鬼掛へら開発担当)
繊細でテクニカルな釣技と爆発力を兼ね備えたセンス溢れる釣が身上のトップトーナメンター。へら業界では今までなかったワークスアングラーとして、様々な大会に参加する傍ら、ハヤブサ社員として鬼掛へらの商品開発を手がける。
【戦歴】
2002年 マルキューチョーチン王座決定戦 3位
2003年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2004年 ダンクラブ対抗戦 優勝
2005年 シマノジャパンカップ 7位
2006年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2011年 ダイワへらマスターズ 3位
【へら釣りのきっかけ】
釣り好きの父と良く通っていた鯉の釣堀の隣に、へらの釣堀があったので試しに始めてみた事がきっかけ。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カテゴリ
リンク