Hayabusa鬼掛へらワークスアングラー 斉藤心也 のオフィシャルブログです。商品開発や釣行、トーナメントへの参加など日々の活動を更新致します。是非ご覧下さい。

ひだ池 連荘釣行 【12/24(月)】

201212 / 27
12/24(月)は再び「ひだ池」に釣行しました。
 
ひだ池5 

昨日も「ひだ池」に釣行していたので兵庫県には帰らず 

「ひだ池」から6~7kmの所にある

ルートイン豊田陣中店
℡0565-36-4511

に宿泊しました。


当日は事務所に7時集合と

少し遅めの待ち合わせだったので、ゆっくりと眠れました。


友人達6人で新桟橋中央の岸向き(昨日よりチョッと奥)に

並んで座る事にします。
 
ひだ池4 

当日は昨日に比べ、かなり寒く

時折、雪がちらついています。

昨日は11~12尺のチョーチンが良かったとの事だったので

11尺を出そうと思ったのですが

周囲をみると昨日に比べかなり空いていたので短竿でも十分と判断し

9尺チョーチンセットから開始することにしました。

◆タックル◆
竿:9尺(普天元独歩)
棚:チョーチン(ウキ1本+2cm空ける)
道糸:へら侍童心0.7号
上ハリス:へら侍童心0.5号/7cm
下ハリス:へら侍童心0.3号/75cm
上鈎:鬼掛「極ヤラズ6号」
下鈎:鬼掛「喰わせヒネリ2号」
ウキ:仁成作B6cmグラスムクトップ
*エサ落ち目盛はカラ鈎状態で4目盛出し
仁成作グラスムク6号 

◆バラケエサ◆
粒戦100cc
セットガン100cc
水200cc   *ドロドロにして10分放置
GTS100cc
パウダーベイトスーパーセット100cc
軽麩100cc
*30回程かき混ぜたら完成

◆クワセエサ◆
感嘆10cc
水20cc
*フタ付きの計量カップに入れシェイクして仕上げる(練らない) 



バラケエサの配合を見れば分かる通り

昨日に比べ粘りが強いエサの分量を多くして

バラケ性の弱いエサを作ってみました。


昨日はバラケ性が高いエサでは動かず

手水で練って対応したのですが

今回作ったバラケエサは作ったままの基エサでも

かなり、まとまり感のあるエサなので練らなくても大丈夫です。


このバラケエサを直径1.5cm弱に鈎付けし

2節なじんだらすぐに抜けるように手水で調整していきます。 


アタリが出だしたのは昨日よりも、かなり早く

開始10分後で、すぐに1枚目が釣れてきました。

その後は一気にアタリっきりの状態になります。

しかし、ここから早くも迷宮入りしてしまいました。


毎回のようにサワリがあり、良い感じで アタルのですが

ヒット率が全然上がりません・・・

ハリスの長さや鈎のサイズを色々と変更してみますが

変えた直後に1枚釣れるだけ・・・

ボソが強いバラケエサにしたり大きいバラケエサにすると

ヒット率は良くなるのですがアタリそのものは

激減してしまいます。


こんな感じに悩まされ昼食休憩までに

9枚しか釣る事が出来ませんでした。





続く・・・ 
 
鬼掛へらブログ
プロフィール
【生まれ年】
1977年
【住まいの地域】
兵庫県三木市
【自己紹介】
(株)ハヤブサ社員 販売促進課
(鬼掛へら開発担当)
繊細でテクニカルな釣技と爆発力を兼ね備えたセンス溢れる釣が身上のトップトーナメンター。へら業界では今までなかったワークスアングラーとして、様々な大会に参加する傍ら、ハヤブサ社員として鬼掛へらの商品開発を手がける。
【戦歴】
2002年 マルキューチョーチン王座決定戦 3位
2003年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2004年 ダンクラブ対抗戦 優勝
2005年 シマノジャパンカップ 7位
2006年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2011年 ダイワへらマスターズ 3位
【へら釣りのきっかけ】
釣り好きの父と良く通っていた鯉の釣堀の隣に、へらの釣堀があったので試しに始めてみた事がきっかけ。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カテゴリ
リンク