Hayabusa鬼掛へらワークスアングラー 斉藤心也 のオフィシャルブログです。商品開発や釣行、トーナメントへの参加など日々の活動を更新致します。是非ご覧下さい。

水藻フィッシングセンター 12月度月例大会【12/16(日)】

201212 / 17

12月16日(日)は大阪府貝塚市にある

「水藻フィッシングセンター」へ行ってきました。

水藻2

この日は毎月第3日曜日に開催される

池主催の「月例大会」に参加する為に訪れたのでした。

同池の月例大会は他の大会や関東への出張等が重なって

最近行く事が出来なかったので

8月の参加以来、4ヶ月ぶりと超久しぶりです。


6時半くらいから場所抽選が始まるので15分前くらいに事務所に到着すると

今回もたくさんの人が来ていました。

事務所で参加費¥3000を払い大会参加名簿に自分の名前を書き込めば

大会エントリー完了。

入場料や事務所での食事で使用できる¥500の金券を頂けます。

この日の参加者は44名で場所抽選の結果は

2号桟橋3号向きの中央やや手前付近の座席が当たりました。 

水藻

早速、釣り座へ着きタックルの準備を始めます。 

◆タックル◆
竿:8尺(普天元独歩)
棚:ウキゴム~オモリまで1m
道糸:へら侍童心0.6号
上ハリス:へら侍童心0.4号/7cm
下ハリス:へら侍童心0.3号/50cm
上鈎:鬼掛「軽量極ヤラズ5号」
下鈎:鬼掛「食わせヒネリ1号」
ウキ:巧実 コデオPCムク4号
*エサ落ち目盛はカラ鈎状態で3目盛出し
巧実コディオ4号 

◆バラケエサ◆
粒戦100cc
セットガン200cc
水250cc   *ドロドロにして10分放置
セット専用バラケ200cc
軽麩100cc   *30回程かき混ぜたら完成

◆クワセエサ◆
感嘆10cc
水20cc
*フタ付きの計量カップに入れシェイクしたら完成(練らない)



常連さんの情報では短竿のチョーチンセットの方が無難との事でしたが

最近練習中のメーター棚の抜き系(0ナジミ)セットが

この釣り場でも効くか試したかったので

8尺メーター棚の感嘆セットからスタートしてしまいました。


7時になり、開始の合図と同時にエサ打ちを開始します。

サワリが出るまでは、あまり待たずにペース良くエサ打ちすると

開始30分程で微かにサワリを感じるようになってきました。 

そして10分程で1枚目をゲット。

アタリは上鈎が張り切る前にバラケエサが落ち

下鈎の重さがウキに現れ始め

もうすぐ張りきるか、という時に出る

半節程の「モゾッ」アタリ。

かなり小さいアタリですが

魚の活性がなくサワリ自体が、かなり少ない状況なので

合わせる事が出来ます。

その後も同じようなパターンで数枚追加すると

招かれざる客が寄ってきました。

水藻3  

「落ち葉」です・・・

たちまち、僕の座席周辺に押し寄せてきて

ウキが立たない状態になってしまいました・・・




続く・・・
鬼掛へらブログ
プロフィール
【生まれ年】
1977年
【住まいの地域】
兵庫県三木市
【自己紹介】
(株)ハヤブサ社員 販売促進課
(鬼掛へら開発担当)
繊細でテクニカルな釣技と爆発力を兼ね備えたセンス溢れる釣が身上のトップトーナメンター。へら業界では今までなかったワークスアングラーとして、様々な大会に参加する傍ら、ハヤブサ社員として鬼掛へらの商品開発を手がける。
【戦歴】
2002年 マルキューチョーチン王座決定戦 3位
2003年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2004年 ダンクラブ対抗戦 優勝
2005年 シマノジャパンカップ 7位
2006年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2011年 ダイワへらマスターズ 3位
【へら釣りのきっかけ】
釣り好きの父と良く通っていた鯉の釣堀の隣に、へらの釣堀があったので試しに始めてみた事がきっかけ。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カテゴリ
リンク