Hayabusa鬼掛へらワークスアングラー 斉藤心也 のオフィシャルブログです。商品開発や釣行、トーナメントへの参加など日々の活動を更新致します。是非ご覧下さい。

王仁公園釣池センター【12/1(土)】2

201212 / 04
続き・・・

王仁公園11 

再開後は5分程でアタリ出します。

ウキの近くには新べらのモジリが有り

周囲には、いる感じ

すぐに釣れ始めましたが期待とは裏腹に旧べらでした・・・

しかし30分程すると、さらに新べらのモジリが激しくなり

遂に、上鈎のバラケを喰った新べらが釣れてきました。

王仁公園9 

その後は1~2割程、新べらが混じるようになり

アタリっきりの状態になります。

カラツンも増えてきたので

ハリスを25cmから20cmに詰め

棚を30cmから15cmと浅くすると

突如、時間30枚近くの入れパクに突入します。

王仁公園3

ヒットパターンは作ったままの基エサのバラケを

直径1.5cm程に鈎付けしトップ先端まで

深く馴染ませます。

新べらが寄っている時は

この馴染む段階でサワリながら入っていき

馴染みきった所で「ズルッ」入る少し弱めのアタリで

上鈎を食って釣れて来ます。

旧べらの場合はアタリがチョッと遅く

バラケが落ちる寸前~落ちた直後に力強くアタリ釣れてきました。

王仁公園 

70枚を釣ったところで昼食休憩をとることにします。

この日の昼食に出前したのは「チャンポン」。

王仁公園チャンポン 

この「王仁公園釣池センター」では

朝9時頃、釣り座まで集金に来てくれる際に

出前の受付もしていて注文すると

11時半くらいに出前が到着すると放送で教えてくれます。

同池近くの中華屋さんで作っているので出来たての熱々。

体も温まり、おいしくいただきました。

王仁公園3

午後からも同じ釣りを続け

ペースもさほど落ちる事無く

3時半までに82枚を追加する事が出来ました。

最後はダブルヒットして飲まれた方の魚を外す際

魚が暴れ針外しの金具でウキのボディーをキズつけてしまったので

これを機に納竿。

大満足で帰路に着いたのでした。

王仁公園10 
鬼掛へらブログ
プロフィール
【生まれ年】
1977年
【住まいの地域】
兵庫県三木市
【自己紹介】
(株)ハヤブサ 鬼掛運営課
(鬼掛へら開発担当)
繊細でテクニカルな釣技と爆発力を兼ね備えたセンス溢れる釣が身上のトップトーナメンター。へら業界では今までなかったワークスアングラーとして、様々な大会に参加する傍ら、ハヤブサ社員として鬼掛へらの商品開発を手がける。
【戦歴】
2003年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2004年 ダンクラブ対抗戦 優勝
2006年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2011年 ダイワへらマスターズ 3位
2014年 ダイワへらマスターズ 3位
2015年 ダイワへらマスターズ 3位
2016年 ダイワへらマスターズ 優勝
2017年 シマノジャパンカップ 優勝
【へら釣りのきっかけ】
釣り好きの父と良く通っていた鯉の釣堀の隣に、へらの釣堀があったので試しに始めてみた事がきっかけ。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カテゴリ
リンク