Hayabusa鬼掛へらワークスアングラー 斉藤心也 のオフィシャルブログです。商品開発や釣行、トーナメントへの参加など日々の活動を更新致します。是非ご覧下さい。

王仁公園釣池センター【12/1(土)】

201212 / 03

12/1(土)は大阪府枚方市の

「王仁公園釣池センター」へ行ってきました。

王仁公園2 

7時過ぎに池に到着し池のオーナーに挨拶すると

運良く当日が放流日で、この後すぐに放流業者が来るとの事。

放流の様子が良く見える事務所近くに釣り座を構える事にします。

王仁公園4 

もうすぐ放流業者が来るから・・・

とは言っていましたが待っていても来る気配がないので

タックルの準備をし、釣りを開始することにしました。

◆タックル◆
竿:7尺(神威)
棚:ウキゴム~オモリまで30cm
道糸:へら侍童心0.7号
上ハリス:へら侍童心0.5号/7cm
下ハリス:へら侍童心0.4号/25cm
上鈎:鬼掛「極ヤラズ6号」
下鈎:鬼掛「喰わせヒネリ4号」
ウキ:陽光作羽根ボディー3.5cmパイプトップ
*エサ落ち目盛は3.5目盛出し
陽光作カッツケ3,5号

◆バラケエサ◆

粒戦100cc
セットガン200cc
水150cc    *ドロドロにして10分放置
プログラム200cc    *30回程かき混ぜたら完成

◆クワセエサ◆
感嘆10cc
水25cc  *フタ付きの計量カップに入れシェイクして仕上げる(練らない)


魚影の濃い同池の事だから2~3投で、すぐにウキは動くだろうと思い

エサ打ちを開始しましたが、さすがに12月に入り

水温もかなり下がったせいかアタリ出しまでに10分程掛かってしまいます。

しかし、1回アタリ出すと一気にアタリっきりの状態になりました。

7~8枚釣った所で放流業者が到着し

新べらの放流が始まります。

河内産のへら鮒で平均サイズが600g弱の良型が1トン放流されました。

王仁公園8 

王仁公園7 

王仁公園6 

30分程で放流は完了し自分の釣り座に戻り釣りを再開します。

すると5分程でアタリだし新べららしきモジリがウキの周辺で

たくさん出るようになってきました。




続く・・・
鬼掛へらブログ
プロフィール
【生まれ年】
1977年
【住まいの地域】
兵庫県三木市
【自己紹介】
(株)ハヤブサ 鬼掛運営課
(鬼掛へら開発担当)
繊細でテクニカルな釣技と爆発力を兼ね備えたセンス溢れる釣が身上のトップトーナメンター。へら業界では今までなかったワークスアングラーとして、様々な大会に参加する傍ら、ハヤブサ社員として鬼掛へらの商品開発を手がける。
【戦歴】
2003年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2004年 ダンクラブ対抗戦 優勝
2006年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2011年 ダイワへらマスターズ 3位
2014年 ダイワへらマスターズ 3位
2015年 ダイワへらマスターズ 3位
2016年 ダイワへらマスターズ 優勝
2017年 シマノジャパンカップ 優勝
【へら釣りのきっかけ】
釣り好きの父と良く通っていた鯉の釣堀の隣に、へらの釣堀があったので試しに始めてみた事がきっかけ。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カテゴリ
リンク