Hayabusa鬼掛へらワークスアングラー 斉藤心也 のオフィシャルブログです。商品開発や釣行、トーナメントへの参加など日々の活動を更新致します。是非ご覧下さい。

甲南へらの池【11/11(日)】3

201211 / 14
続き・・・
 
甲南3 

昼食後は、しばらくエサ打ちしていなかったので

基エサを手水で軟らかくしただけの

バラケ易いエサから開始します。

アタリ出しは10分後と意外に時間が掛かり

その後もアタリはあまり増えません。

棚を深くしハリスを伸ばすとポツポツと釣れ出し

ヒット率は良いのですが

サワリは少なく突然アタル感じ・・・

午前中は水面に見えていたへらも

ほとんど見えなくなってしまったので

寄っている魚が少ないと感じました。

そこで作ったままのボソの効いた基エサを

手返しよく打ち込む事にします。

すると10分程で水面にへらが見え始めると

突如アタリっきりの状態になってきました。

しかし、ヒット率が悪いので

タックルをマイナーチェンジします。

バラケを基エサのボソから

半分、軟ネバタッチの物を合体した

ヤワネバボソタッチに変更し

下ハリスを18cmに詰めます。

棚はウキ~オモリまでを15cmにし

再スタートすると突如、時間20枚の

入れパクモードに突入しました。

ヒットパターンは午前中の終盤と同じで

バラケの落ち際の消し込みに近いアタリ。

2連荘、3連荘と連続ヒットも多く

上鈎のバラケにも2割以上ヒットしてきます。

最後の40分はアタリが止まってしまいましたが

午後だけで59枚を追加出来ました。

甲南5 

結果は35.2kg(99枚)で僕が優勝。

2位3位もカッツケセットで22kg台。

4位には段底が入りました。

最後の最後まで雨は弱まる事を知らず

テントを片付けていたら全身ズブ濡れになってしまいました。

明日、道具の片付けが大変です・・・

甲南6 
優勝の賞品をゲットしました。

鬼掛へらブログ
プロフィール
【生まれ年】
1977年
【住まいの地域】
兵庫県三木市
【自己紹介】
(株)ハヤブサ 鬼掛運営課
(鬼掛へら開発担当)
繊細でテクニカルな釣技と爆発力を兼ね備えたセンス溢れる釣が身上のトップトーナメンター。へら業界では今までなかったワークスアングラーとして、様々な大会に参加する傍ら、ハヤブサ社員として鬼掛へらの商品開発を手がける。
【戦歴】
2003年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2004年 ダンクラブ対抗戦 優勝
2006年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2011年 ダイワへらマスターズ 3位
2014年 ダイワへらマスターズ 3位
2015年 ダイワへらマスターズ 3位
2016年 ダイワへらマスターズ 優勝
2017年 シマノジャパンカップ 優勝
【へら釣りのきっかけ】
釣り好きの父と良く通っていた鯉の釣堀の隣に、へらの釣堀があったので試しに始めてみた事がきっかけ。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カテゴリ
リンク