Hayabusa鬼掛へらワークスアングラー 斉藤心也 のオフィシャルブログです。商品開発や釣行、トーナメントへの参加など日々の活動を更新致します。是非ご覧下さい。

王仁公園釣池センター【4/22(日)】

201204 / 23

昨日は雨で風も強く、釣りをするには最悪の天気だったのですが

友人達と大阪府枚方市にある「王仁公園(わにこうえん)釣池センター」

に釣りに行ってきました。

◆王仁公園釣池センター◆
〒573-0156
大阪府枚方市藤阪南町3丁目2-1
0728-59-0019



この釣り場は、へらの釣り場には珍しく

電車の駅(藤阪駅)からすぐで

さらに高速のインター(枚方東)からも近いという

立地条件が最高の場所にある釣り場です。

藤阪駅から歩いて5分くらいの所なので

車がない人でも来やすい環境で

魚も良く釣れるので関西でも屈指の人気釣り場なのです。

しかし、この日は強風に雨という最悪の天気のせいか

中止になる例会も相次いでいて日曜日なのに空いている状況でした。

普通ならテントにパラソル、防水シートと

雨の日は色々用意しなくてはならず後片付けも大変なのですが

この釣り場では心配無用です。

なぜかというと屋根がある釣り座があるから(嬉)。

全部で30席弱、各所に点在しているので

例会や大人数で並んで座ることは出来ませんが

2~3人での釣行なら並んで座る事も可能です。

(*風向き等で雨が入ってくる場所もあるので実際に使用できるのは
10席程になってしまう場合もあります。
先行者や予約等も考えてパラソルやテントは一応持参した方が良いでしょう。)

この日は空いていたので

事務所から見て右側の屋根付き座席を確保することが出来ました。

朝の座席
これが事務所から見て右側の屋根付き座席。
座席の後ろには開閉できるトタン板がついており
冬場は風裏になるので閉めて釣りをすればポカポカの釣り座です。
だから冬場は雨が降って無くても人気の釣り座。
奥のほうに小さく見えるのが藤阪駅です。


朝のうちは、風もさほど強くなく、雨も降っていなかったので

濡れずに準備することが出来ました。

水温も冬に比べてだいぶ上がったので

すぐに釣れ始めると思い7時頃から釣りを開始します。

タックルは下記参照。

◆当日のタックル◆
竿:7尺(枯法師)
棚:ウキゴム~オモリまで20cm
道糸:へら侍童心0.7号
上ハリス:へら侍童心0.5号/7cm
下ハリス:へら侍童心0.3号/25cm
         ↓
      へら侍童心0.4号/20cm
上鈎:鬼掛「極ヤラズ6号」
下鈎:鬼掛「喰わせヒネリ4号」
         ↓
    鬼掛「喰わせヒネリ6号」
ウキ:陽光作 浅棚セット用4号
         ↓
    陽光作 浅棚セット用5号
当日の使用ウキ
写真左が最初に使ったウキ。右が変更したウキ。

◆バラケエサ◆
粒戦50cc
粒戦細粒50cc
水200cc  *ドロドロにして5分程放置
セット専用バラケ200cc
プログラム200cc 
*50回程かき混ぜたら完成

◆クワセエサ◆
感嘆10cc
水20cc 
*フタ付きの計量カップに入れ、シェイクして仕上げる(練らない)


エサを打ち始めて5分程は何も動かなかったのですが

1回動き出すと動きっきりの状態になってしまいました。

でも、ズルズル~やチクチクと動くだけで良いアタリにはなりません。

そのうちにエサ打ち地点に正体が見え始めました。

クチボソです。

ウキの周りでピチピチ跳ねており、時折鈎掛かりしてきます。

釣れて来るクチボソはお腹が大きく膨れており

産卵前の荒食いをしている感じでした。

その活性はすさまじく

へらウキがまるで小物釣りで使う唐辛子ウキのようにピコピコ動いています。

その内へらが寄ってくれば気にならなくなるだろうと思い

そのままのタックルで釣っていましたが、へらもポツポツとは釣れるものの

ウキが動きすぎて、どのアタリを合わせていいのか分からなくなる状態だったので

タックルを変更することしました。

ウキとクワセ用の鈎をサイズアップし下ハリスを5cm短くしてみます。

すると途端にペースアップし、良いサイズのへらが釣れ始めました。
 
王仁公園へら  
こんなキレイなへらが結構混じります。
9寸~尺くらいが中心でビックリするような大型はめったに釣れませんが良く引くので楽しめます。

しかし、せっかく良いペースになったのもつかの間

雨と風が見る見ると強まり、正面から吹き込んできました。

これでは屋根の下に入った意味がないので

ドボドボになる前に雨が吹き込んでいない事務所前の

屋根付き釣り座の事務所向きにポイント変更することに。

この座席は時折風の影響で雨が吹き込んでくるものの

そんなに濡れることはなく、快適に釣りが出来そうです。
 
屋根付き  
こちらが移動した先の屋根付き釣り座。
朝一の場所とは違い両面で釣りが出来ますが今回は事務所向きで釣りをしました。
自分の釣り座から
これは僕の座席。
桟橋と岸に囲まれている上に波除パイプがあるので水面は穏やかでウキが見易い場所です。

こちらの座席もクチボソは多いもののへらの魚影も濃く

20分程でへらが寄り切ってからは入れパクになりました。

数釣りを満喫した所で食事休憩。

ここの釣り場はへら釣り場では珍しく、出前をとってくれます。

中華、寿司、弁当とたくさん種類もあり、料金も良心的。

味もサイコーで、近くから配達してくれるので

寒い日でもホカホカの物が食べられます。

僕のオススメは中華屋さんの出前で、チャンポン、中華丼、焼きそばです。

当日は肌寒かったので熱々のチャンポンを注文しました。

出前は9時頃、釣り料金を集金に来る際に頼めば

11:30頃に出前が到着して放送で教えてくれます。

昼食後もカッツケのセットで通し

ペースも乱れる事無く4時まで釣りをして合計114枚。

大満足で納竿しました。
鬼掛へらブログ
プロフィール
【生まれ年】
1977年
【住まいの地域】
兵庫県三木市
【自己紹介】
(株)ハヤブサ 鬼掛運営課
(鬼掛へら開発担当)
繊細でテクニカルな釣技と爆発力を兼ね備えたセンス溢れる釣が身上のトップトーナメンター。へら業界では今までなかったワークスアングラーとして、様々な大会に参加する傍ら、ハヤブサ社員として鬼掛へらの商品開発を手がける。
【戦歴】
2003年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2004年 ダンクラブ対抗戦 優勝
2006年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2011年 ダイワへらマスターズ 3位
2014年 ダイワへらマスターズ 3位
2015年 ダイワへらマスターズ 3位
2016年 ダイワへらマスターズ 優勝
2017年 シマノジャパンカップ 優勝
【へら釣りのきっかけ】
釣り好きの父と良く通っていた鯉の釣堀の隣に、へらの釣堀があったので試しに始めてみた事がきっかけ。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カテゴリ
リンク