Hayabusa鬼掛へらワークスアングラー 斉藤心也 のオフィシャルブログです。商品開発や釣行、トーナメントへの参加など日々の活動を更新致します。是非ご覧下さい。

「甲南へらの池」NHC関西シリーズ第5戦【11/3(土)】

201211 / 05

11/3(土)はNHC関西シリーズ第5戦に参加する為に

滋賀県の「甲南へらの池」に行ってきました。
 

甲南2 


前回の第4戦(水藻フィッシングセンター)に参戦予定でしたが台風で中止となり

6月の第2戦(天神池)から久しぶりの参加となりました。

今回は前半、後半戦ともに5匹の総重量で競うルールで(入れ替えなし)

抽選の結果、前半が2号桟橋の1号向きの奥寄り

後半戦が、その真後ろの席(3号桟橋向き)が当たりました。

早速、釣り座に着き準備を開始します。

甲南

◆タックル◆
竿:15尺(普天元独歩)
棚:底/上鈎3cmズラシ(水深は約3.5m)
道糸:へら侍 童心0.8号
上ハリス:へら侍 童心0.4号/40cm
下ハリス:へら侍 童心0.4号/47cm
上下鈎:鬼掛「極ヤラズ4号」
ウキ:竹芳作12号(ボディー12cm/PCムクトップ)
*エサ落ち目盛はカラ鈎状態で6目盛出し

◆エサ◆
ペレットグルテン50cc
水50cc   *20回程かき混ぜたら完成


普通の大会のように総重量勝負だったら短竿の浅棚かチョーチンのセット釣りを

選択しましたが今回は5枚重量の勝負なので大型のみを釣るべく

15尺の両グルテンの底釣りから開始することにしました。

前半戦は7時半~10時半の3時間勝負。

新べらも2回放流されているとの事なので

目標は1匹平均700gの5匹で3500gでスタートします。

底釣りなのでへらが底に着いていれば、すぐに釣れ始めるかと思いましたが

アタリが出だしたのは開始20分程が経ってからで

1枚目は400g程の旧べらが釣れて来ました。

最初の内は周りの選手も旧べらのみで新べらは釣れていませんでしたが

40分を過ぎるとアタリの量も増えてきて周囲でも新べらが上がりだします。

そして、僕にも馴染んですぐの早いアタリで待望の新べらが釣れて来ました。

見た感じ700gくらいありそうだったので、まず1枚目をキープします。

その後は数は釣れないながらもも3枚に1枚は新べらが混じり

残り30分の段階で700g以上のサイズを3枚キープすることが出来ました。

しかし、残り時間が30分となってしまったので選んでいる時間がなくなってしまいます。

そこからは全入れの体制で臨むことにしました。

残り20分の時点で400gくらいのサイズを入れてリーチとすると

残り10分のアナウンスと同時に400g級と800g級のダブルヒットがあり

800gの方をフラシにキープしリミット5枚を揃えることに成功します。

甲南2 

検量の結果は3370g(5枚)で暫定2位。

1位は3500gとの事だったので、かなり良い位置につけることができました。

2回戦は真後ろの席だったので道具を素早く動かし

昼食をとりに事務所へ向かいます。




続く・・・

鬼掛へらブログ
プロフィール
【生まれ年】
1977年
【住まいの地域】
兵庫県三木市
【自己紹介】
(株)ハヤブサ社員 販売促進課
(鬼掛へら開発担当)
繊細でテクニカルな釣技と爆発力を兼ね備えたセンス溢れる釣が身上のトップトーナメンター。へら業界では今までなかったワークスアングラーとして、様々な大会に参加する傍ら、ハヤブサ社員として鬼掛へらの商品開発を手がける。
【戦歴】
2002年 マルキューチョーチン王座決定戦 3位
2003年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2004年 ダンクラブ対抗戦 優勝
2005年 シマノジャパンカップ 7位
2006年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2011年 ダイワへらマスターズ 3位
【へら釣りのきっかけ】
釣り好きの父と良く通っていた鯉の釣堀の隣に、へらの釣堀があったので試しに始めてみた事がきっかけ。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カテゴリ
リンク