Hayabusa鬼掛へらワークスアングラー 斉藤心也 のオフィシャルブログです。商品開発や釣行、トーナメントへの参加など日々の活動を更新致します。是非ご覧下さい。

シマノジャパンカップ全国大会「富里の堰」【10/14~10/15】Ⅱ

201710 / 20

続き・・・

DSC_0053_20171019094653fc0.jpg 

大会初日は暫定2位と

良い順位で終える事が出来ました。

ポイント的に計算すると第3試合で3位以上の成績なら

無条件で決勝戦に残れる感じ・・・

夜は緊張して、なかなか寝れませんでした。7時間しか・・・

DSC_0060_20171019094701de8.jpg  

大会2日目の第3試合はAブロックの深場。

昨日の第2試合の近くのポイントだったので

迷いなく8尺チョーチンセットの準備をしました。


【3回戦のタックル】
竿:8尺(閃光XX)
棚:チョーチン
道糸:へら侍童心1.0号
上ハリス:へら侍童心0.8号/6cm
下ハリス:へら侍童心0.3号/45cm
上鈎:極ヤラズ10号
下鈎:喰わせヒネリ3号
ウキ:山六作カヤB9cmグラスムクトップ
*エサ落ちは2目盛だし
山六セミロング9号

【バラケエサ】
粒戦100cc
粒戦細粒100cc
トロスイミー100cc
セットガン100cc
水200cc  *ドロドロにして5分放置
セットアップ400cc
*50回程かき混ぜたら完成

【クワセエサ】
感嘆(1袋にサナギ粉30cc入り)10cc
水8cc
*フタ付きの計量カップに入れてシェイクして仕上げる

DSC_0052_201710190946520bb.jpg 

昨日は1投目から連荘で釣れましたが

第3試合は朝一だった為かアタリ出しは遅く

開始15分過ぎくらいからポツポツと釣れ出しました。

ヒットパターンは昨日と全く同じ。

しかし魚の量が少ないからなのか

かなり待ってからでないとアタラズ

スローリズムの釣りになってしまいます。

DSC_0050_20171019094649dee.jpg

しかし魚のサイズは良くなっており

同じ枚数なら浅棚セットの選手よりも

2割近く重量が多い感じ・・・

周囲をみると、これでも釣れている方だと感じたので

これ以上のペースは望まず

スローペースの拾い釣りに徹し

26枚を釣った所で第3試合終了時間となりました。

検量の結果は15.1kg(26枚)でAブロック3位。

集計の結果、総合3位で決勝進出が確定しました。

DSC_0043_20171019094640c0d.jpg

決勝戦は予選を勝ち上がった6名での

2時間半の総重量勝負で予選1位から入場し

指定場所内の好きな場所に入釣出来ます。

僕は3番目の入場だったので

第3試合で座った所に近い

手前から2人目の座席に決定しました。

タックルは第3試合と全く同じでスタートします。

DSC_0048_20171019094646142.jpg

アタリ出しは第3試合同様に遅く15分近く経ってから・・・

ポツポツと釣れ出しましたが

空いている割にはアタリが少なく

桟橋下に見える魚も居ないので渋っている感じ。

かなり待ってからのアタリが多く

第3試合の状況と、ほとんど同じと感じました。

この状況では時間10枚前後の釣果が限界と感じ

欲張らず時間を掛けて丁寧な釣りをする事にします。

クワセエサの感嘆も鈎に巻き付けるように

丁寧に鈎付けし時折、カラツンが増えたり

アタリが少なくなった時は45cmのハリスを

40cmに詰めたり元に戻したりして

1~2投目に反応してくる魚を狙ったりもしました。

DSC_0044_2017101909464070b.jpg

決勝戦は強めの雨と風の影響で周りの音が聞こえず

大きめのパラソルで周りも見えなかったので

他の選手の状況は、ほとんど気になりません。

マイペースでポツポツと拾い釣りを続け

気付けば決勝戦終了の時間となっていました。

検量の結果は13.86kg(24枚)で僕が優勝。

2位は石倉選手が8尺メーター感嘆セットで13.12kg。

3位は黒田選手で8尺メーター感嘆セットで9.7kg。

という結果となりました。

応援してくれた皆さん、本当に有難うございます。

DSC_0055_20171019094655f58.jpg 
【大会結果】http://fishing.shimano.co.jp/event/2017/japan_cup/hera/result/index.html

シマノジャパンカップ全国大会「富里の堰」【10/14~10/15】

201710 / 19

10/14(土)~10/15(日)は

シマノジャパンカップ全国大会に参加する為に

千葉県富里市にある「富里の堰」に行って来ました。

DSC_0060_20171019094701de8.jpg   

今年は各予選通過者とシード選手

28名の参加者が集まりました。

今大会の大会形式は参加者28名を

3ブロックに分け(1ブロック9~10名)

計3試合行い(1試合3時間)総重量の上位から

10ポイント9ポイント・・・といった感じでポイントが入ります。

3試合の合計ポイント上位6名が

決勝戦に進める形式に変更となりました。
(昨年は1試合2時間の計5試合)

DSC_0041_201710190946386bd.jpg

朝一の抽選の結果は

初日の第1試合がB-9の浅場で

第2試合がA-8の深場。

2日目の第3試合がA-5の深場に決まりました。

DSC_0042_2017101909463808d.jpg 

早速、釣り座に着きタックルの準備を開始します。

第1試合は浅場なので

8尺メーターセットの準備をしました。

【第1試合のタックル】
竿:8尺(普天元独歩)
棚:1m
道糸:へら侍童心0.8号
上ハリス:へら侍童心0.6号/8cm
下ハリス:へら侍童心0.3号/35cm
上鈎:極ヤラズ7号
下鈎:喰わせヒネリ4号
ウキ:吉田作シルバーブルー3号(カヤB6cm太パイプトップ)
*エサ落ちは4目盛だし
吉田作シルバーブルー3号

【バラケエサ】
粒戦100cc
粒戦細粒50cc
セットガン100cc
水200cc  *ドロドロにして5分放置
セット専用バラケ100cc
セットアップ100cc
*50回程かき混ぜたら完成

【クワセエサ】
感嘆(1袋にサナギ粉30cc入り)10cc
水8cc
*フタ付きの計量カップに入れシェイクして仕上げる

DSC_0050_20171019094649dee.jpg

開始の合図と同時にエサ打ちを始めると

10分程でアタリ出しポツポツと釣れ出しました。

ヒットパターンは上記基エサを半分に分け

手水で若干軟らかくした軟ボソタッチのバラケを

1.5×2.5cm程に鈎付けしてドップリと深ナジミさせ

ナジミ際からバラケの落ち際にアタル力強いアタリ。

DSC_0043_20171019094640c0d.jpg

時間10枚程のペースで型は良くないものの

周囲から見ると良いペースの感じ・・・

動き的にはもう少し釣れそうな感じはしましたが

釣り方を変えて大きくペースを崩すのが怖かったので

アタリが少なくなった時にハリスを37cmに伸ばし

鈎を1サイズ小さくするくらいにして

時間10枚ペースを守り1回戦終了時間を迎えました。

釣果は13.19kg(30枚)でブロック2位。

良いスタートをきる事に成功します。

DSC_0049_2017101909464727e.jpg 

2回戦は深場のAブロックなので

前日の試釣で良かった

8尺チョーチンセットをする事にします。

【2回戦のタックル】
竿:8尺(閃光XX)
棚:チョーチン
道糸:へら侍童心1.0号
上ハリス:へら侍童心0.8号/6cm
下ハリス:へら侍童心0.3号/45cm
上鈎:極ヤラズ10号
下鈎:喰わせヒネリ3号
ウキ:山六作カヤB9cmグラスムクトップ
*エサ落ちは2目盛だし
山六セミロング9号

【バラケエサ】
粒戦100cc
粒戦細粒100cc
トロスイミー100cc
セットガン100cc
水200cc  *ドロドロにして5分放置
セットアップ400cc
*50回程かき混ぜたら完成

【クワセエサ】
感嘆(1袋にサナギ粉30cc入り)10cc
水8cc
*フタ付きの計量カップに入れてシェイクして仕上げる

DSC_0052_201710190946520bb.jpg 

2回戦は1投目から2連荘。

最高のスタートをきる事に成功しました。

ヒットパターンは上記バラケエサを

直径3cm程に丁寧にエアを抜き鈎付けし

エサの重さで完全にトップが水没するようにします。

水没する寸前で縦誘いをし、それを繰り返し行って

バラケを促進させつつ待っていると

ナジミ際に消し込みヒットするパターンでした。

DSC_0047_201710190946448a5.jpg

40~50回縦誘いを繰り返して魚が釣れても

バラケエサが残ってくるような

シッカリした硬めで重いバラケエサが良く

クワセエサも絶対に抜けないように

丁寧にしっかり鈎に巻きつけるように鈎付けしました。

2回戦の3時間で19.1kg(39枚)を釣り

Aブロックのトップ釣果を記録する事に成功します。

初日の暫定順位は19ポイントで総合2位。

まだ第3試合を残していますが

良い順位で初日を終える事が出来ました。

DSC_0059_2017101909465976c.jpg

DSC_0058_20171019094658573.jpg
 


続く・・・

シマノジャパンカップ「富里の堰予選」【4/6(土)】

201304 / 09

4/6(土)は千葉県富里市にある

「富里の堰」に行ってきました。

続きを読む

シマノジャパンカップ関東予選

201304 / 04

今週末はシマノジャパンカップ関東予選が

千葉県富里市の「富里の堰」で開催されます。

続きを読む

シマノジャパンカップ「富里の堰予選」【6/30(土)】

201207 / 03

6/30(土)はシマノジャパンカップ関東予選に参加する為に

千葉県の「富里の堰」に行ってきました。

続きを読む

鬼掛へらブログ
プロフィール
【生まれ年】
1977年
【住まいの地域】
兵庫県三木市
【自己紹介】
(株)ハヤブサ 鬼掛運営課
(鬼掛へら開発担当)
繊細でテクニカルな釣技と爆発力を兼ね備えたセンス溢れる釣が身上のトップトーナメンター。へら業界では今までなかったワークスアングラーとして、様々な大会に参加する傍ら、ハヤブサ社員として鬼掛へらの商品開発を手がける。
【戦歴】
2003年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2004年 ダンクラブ対抗戦 優勝
2006年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2011年 ダイワへらマスターズ 3位
2014年 ダイワへらマスターズ 3位
2015年 ダイワへらマスターズ 3位
2016年 ダイワへらマスターズ 優勝
【へら釣りのきっかけ】
釣り好きの父と良く通っていた鯉の釣堀の隣に、へらの釣堀があったので試しに始めてみた事がきっかけ。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カテゴリ
リンク