Hayabusa鬼掛へらワークスアングラー 斉藤心也 のオフィシャルブログです。商品開発や釣行、トーナメントへの参加など日々の活動を更新致します。是非ご覧下さい。

M-1カップセミファイナル「甲南へらの池」【6/17(土)】Ⅱ

201706 / 21
続き・・・

 DSC_0074_20170619115257604.jpg

昼食休憩中に情報収集すると

短竿チョーチン両ダンゴ&セットと

短竿カッツケセットが好調で

長竿系は苦戦している感じ・・・

2回戦も7尺カッツケセットで行く決心を固めます。

DSC_0078_201706191153313a5.jpg 

2回戦は1回戦を勝ち上がった

18名を6ブロックに分け(1ブロック3名)

各ブロックのトップ釣果の選手1名ずつと

ブロック2位の選手6名中のトップ釣果の選手1名。

同時に行われている敗者復活戦から1名の

合計8名の選手が全国大会のチケットを獲得できる形式で

3時間の総重量勝負です。

DSC_0055_20170619115231ce8.jpg

場所抽選の結果は2号1号向き中央の

C-3が当たりました。

急いで昼食を食べタックルの準備を始めます。

1回戦と同じ7尺カッツケセットです。

DSC_0080_2017061911533407c.jpg

◆タックル◆
竿:7尺(兆)
棚:20cm(ウキゴム~オモリまで)
道糸:へら侍童心0.7号
上ハリス:へら侍童心0.5号/8cm
下ハリス:へら侍童心0.3号/17cm
上鈎:鋒(きっさき)6号
下鈎:喰わせヒネリ3号
ウキ:仁成作カッツケセット用カヤB3.5cmパイプトップ
*エサ落ちは5目盛だし


◆バラケエサ◆
粒戦50cc
粒戦細粒50cc
セットガン100cc
水200cc *ドロドロにして5分放置
セット専用バラケ100cc
パウダーベイトスーパーセット100cc
軽麩100cc
*50回程かき混ぜたら完成

◆クワセエサ◆
感嘆(1袋にサナギ粉30cc入り)10cc
水8cc
*フタ付きの計量カップに入れてシェイクして仕上げる

DSC_0081_2017061911533678c.jpg 

2回戦は11:30~14:30までの

3時間総重量勝負。

目標を40枚としてスタートしました。

DSC_0086_2017061911534378a.jpg

開始後アタリだしたのは10分後・・・

周りの選手は早々に釣り出しましたが

僕の方はアタリが少なく

水面に見える魚の量も少ない感じです。

DSC_0082_20170619115337aa5.jpg

原因は最初から釣り込んでやろうと

手水で練った軟らかいタッチの物を使っていたせいで

魚の寄せ不足になっている感じでした。

ここで全く練っていない基エサを作り直し

再開すると、すぐに釣れ始めます。

ヒットパターンは1回戦と全く同じで

バラケエサが付いている時の早めのアタリ。

1時間40分程で21枚を釣り1回目の検量を済ませます。

DSC_0085_201706191153426a8.jpg

検量の結果は1回戦に比べ型が良く9.7kg。

まだ僕以外で検量する人はいなかったので

スタートダッシュは成功した感じ・・・

DSC_0089_20170619115348b9d.jpg  

ところが検量後はアタリが少なくなり

急激にペースダウンしてしまいました。

しかし周囲も同じような状況なので踏ん張り所です。

ここでペースアップを狙っては自滅してしまう感じ・・・

残り時間で確実に10枚を釣るべく

拾い釣りに徹する事にします。

DSC_0090_20170619115349186.jpg

何かを変化させると、その1投目に釣れる事が多かったので

棚を変えたりハリスの長さを変えたり

エサ打ち地点や振込み方法を微妙に変えてみたり・・・

上手くマッチすると1~2投目に釣れてきます。

これが良かったのか食い渋りの時間帯も

ポツポツと釣っていく事が出来ました。

DSC_0091_201706191153515ec.jpg

しかし最後の30分は、どれも効かなくなってきたので

新しい新鮮なバラケエサを作り直して再開。

するとポツポツと追加する事ができて

2フラシ目の釣果を11枚とした所で

2回戦終了の時間となりました。

 DSC_0097_20170619115416576.jpg

集計の結果は13.8kg(32枚)でブロック1位。

全体でも1位の釣果となる最高の形で

念願だったM-1カップ全国大会の出場権を

初めて獲得できたのでした。

 DSC_0093_20170619115354c78.jpg

全国大会は各地区予選の終わった7月下旬に

埼玉県羽生市にある「椎の木湖」にて開催予定です。

シッカリ練習し優勝目指して頑張りたいと思います。

DSC_0099_20170619115417520.jpg
http://www2.marukyu.com/taikaike.nsf/

M-1カップセミファイナル「甲南へらの池」【6/17(土)】

201706 / 20
6/17(土)は「M-1カップ関西中京セミファイナル」に

参加する為に滋賀県甲賀市にある

「甲南へらの池」に行って来ました。

 DSC_0057_20170619115233778.jpg

この日の参加者は関西・中京地区の

3大会を勝ち上がった52名で開催され

上位8名だけが7月末に行われる

全国大会のチケットを獲得できる厳しい戦いです。

DSC_0060_2017061911523679b.jpg

大会形式は1回戦は参加者を

4ブロックに分け(1ブロック13名)

各ブロックの上位4名づつと

ワイルドカードとして各ブロック5位の4名中

釣果が多い2名を合わせた

計18名が2回戦に進出できるルール。

DSC_0056_2017061911523263e.jpg 

5時半に行われた座席抽選の結果は

2号桟橋3号向き奥の4-12に決まりました。

早速釣り座に行きタックルの準備を開始します。

DSC_0055_20170619115231ce8.jpg

◆タックル◆
竿:7尺(兆)
棚:20cm(ウキゴム~オモリまで)
道糸:へら侍童心0.7号
上ハリス:へら侍童心0.5号/8cm
下ハリス:へら侍童心0.3号/17cm
上鈎:鋒(きっさき)6号
下鈎:喰わせヒネリ3号
ウキ:仁成作カッツケセット用3.5号(カヤB3.5cmパイプトップ)
*エサ落ちは5目盛だし


◆バラケエサ◆
粒戦100cc
粒戦細粒50cc
セットガン100cc
水250cc  *ドロドロにして5分放置
セット専用バラケ200cc
パウダーベイトスーパーセット100cc
*50回程かき混ぜたら完成

◆クワセエサ◆
感嘆(1袋にサナギ粉30㏄入り)10㏄
水8㏄
*フタ付きの計量カップに入れシェイクして仕上げる

DSC_0063_2017061911524116e.jpg 

先週からどの釣り方にするか

ずっと決めかねていて 

①13尺浅棚のトロロセット
②11尺の浅棚両ダンゴ
③7尺カッツケセット

上記の3つの釣り方で迷いましたが

大会使用桟橋以外の桟橋も

例会等が入り混雑している事から

最もアタリ出しが早いと思われる

7尺カッツケの感嘆セットから

無難に開始する事にしました。

 DSC_0065_201706191152447db.jpg

1回戦は4時間の総重量勝負。

目標を時間10枚ペースの

40枚としてスタートします。

DSC_0066_2017061911524593d.jpg  

アタリ出したのは5分程経ってからで

すぐにヒットしポツポツと釣れ出しました。

魚のサイズは悪いものの

周りの選手と比べるとマズマズのペース。

DSC_0076_20170619115328190.jpg

しかし30分程すると、水面にたくさんの魚が見え始め

余計な糸ズレアタリが出だすと

今まで使っていたバラケエサでは

すぐに落とされてしまい

クワセエサだけになってしまうと

当たらなくなってしまいました。

DSC_0066_2017061911524593d.jpg

しばらくはバラケエサを手水で練り

ダンゴタッチにして騙し騙し釣っていましたが

どうにも釣り難いのでバラケエサを作り直す事にします。

◆変更後のバラケエサ◆
粒戦50cc
粒戦細粒50cc
セットガン100cc
水200cc  *ドロドロにして5分放置
セット専用バラケ100cc
パウダーベイトスーパーセット100cc
軽麩100cc
*50回程かき混ぜたら完成

DSC_0067_20170619115247ac4.jpg

このバラケエサの変更は大正解。

無理なくバラケエサが持つようになり

一気にペースが上がり始めました。

ヒットパターンは上記バラケエサを半分に分け

手水で軟らかくした軟ネバボソタッチのバラケを

1.5×2cm程に鈎付けして深ナジミするようにします。

DSC_0068_20170619115248990.jpg

早い時はナジミ際の早いアタリに

ヒットする事も2~3割ありましたが

メインは深ナジミ後、2~3目盛上がるまでの

消し込みに近い力強いアタリで

8時前までに23枚を釣りブロックトップで

1回目の検量を済ませる事が出来ました。

DSC_0071_20170619115253893.jpg  

スタートダッシュは大成功。

これで落ち着いて釣りに集中する事ができ

9時半には2フラシ目の検量も済ませる事が出来ました。

DSC_0072_201706191152541f1.jpg

ここで検量ついでにトイレ休憩を済ませ

気になっていたトロロセットを試してみる事に・・・

しかし、これが全くの不発で30分間で釣果ゼロ。

慌てて元のタックルに戻し7枚程、追加した所で

10時半の1回戦終了時間を迎えました。

 DSC_0073_20170619115256ce8.jpg

集計の結果は19.8kg(53枚)で4ブロック2位。

全体でも2位の好成績で

1回戦を通過する事が出来ました。

DSC_0094_20170619115355c8a.jpg

DSC_0095_201706191153577aa.jpg 


続く・・・

甲南へらの池「6/11(日)」

201706 / 14
6/11(日)は滋賀県甲賀市にある

「甲南へらの池」に行って来ました。

続きを読む

甲南へらの池「6月度月例大会」【6/4(日)】

201706 / 06
6/4(日)は滋賀県甲賀市にある

「甲南へらの池」の月例大会に参加して来ました。

続きを読む

甲南へらの池「5月度月例大会」【5/21(日)】

201705 / 23
5/21(日)は滋賀県甲賀市にある

「甲南へらの池」に行って来ました。

続きを読む

シマノジャパンカップ関西予選「甲南へらの池」【4/22(土)】

201704 / 25
4/22(土)はシマノジャパンカップ関西予選に出場する為に

滋賀県甲賀市にある「甲南へらの池」に行って来ました。

続きを読む

シマノジャパンカップ関西予選の予想

201704 / 21
今週末の4/22(土)はシマノジャパンカップ関西予選が

滋賀県の「甲南へらの池」で開催されます。

続きを読む

NHCウインターオープン「甲南へらの池」【3/20(月)】

201703 / 23
3/20(月)はNHCウインターオープンに参加する為に

滋賀県甲賀市にある「甲南へらの池」に行って来ました。

続きを読む

甲南へらの池「月例決勝大会」【12/4(日)】

201612 / 06
12/4(日)は滋賀県甲賀市にある

「甲南へらの池」の月例決勝大会に参加して来ました。

続きを読む

甲南へらの池「8月度月例大会」【8/21(日)】

201608 / 22
8/21(日)は滋賀県甲賀市にある

「甲南へらの池」の月例大会に参加して来ました。

続きを読む

甲南へらの池「7/17(日)」

201607 / 20
7/17(日)は滋賀県甲賀市にある

「甲南へらの池」に行って来ました。

続きを読む

甲南へらの池「6月度月例大会」【6/5(日)】

201606 / 07
6/5(日)は滋賀県甲賀市にある

「甲南へらの池」の月例大会に参加して来ました。

続きを読む

甲南へらの池「5月度月例大会」【5/22(日)】

201606 / 02
5/22(日)は滋賀県甲賀市にある

「甲南へらの池」の月例大会に参加して来ました。

続きを読む

シマノジャパンカップ関西予選「甲南へらの池」【4/23(土)】

201604 / 26
4/23(土)はシマノジャパンカップの

関西予選に出場する為に

滋賀県甲賀市にある

「甲南へらの池」に行って来ました。

続きを読む

シマノジャパンカップ関西予選の予想

201604 / 22
4/23(土)は滋賀県甲賀市にある

「甲南へらの池」にて

シマノジャパンカップ関西予選が開催されます。

続きを読む

甲南へらの池「4月度月例大会」【4/17(日)】

201604 / 19
4/17(日)は滋賀県甲賀市にある

「甲南へらの池」主催の

月例大会に参加して来ました。

続きを読む

鬼掛へらブログ
プロフィール
【生まれ年】
1977年
【住まいの地域】
兵庫県三木市
【自己紹介】
(株)ハヤブサ社員 販売促進課
(鬼掛へら開発担当)
繊細でテクニカルな釣技と爆発力を兼ね備えたセンス溢れる釣が身上のトップトーナメンター。へら業界では今までなかったワークスアングラーとして、様々な大会に参加する傍ら、ハヤブサ社員として鬼掛へらの商品開発を手がける。
【戦歴】
2002年 マルキューチョーチン王座決定戦 3位
2003年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2004年 ダンクラブ対抗戦 優勝
2005年 シマノジャパンカップ 7位
2006年 マルキューチョーチン王座決定戦 優勝
2011年 ダイワへらマスターズ 3位
【へら釣りのきっかけ】
釣り好きの父と良く通っていた鯉の釣堀の隣に、へらの釣堀があったので試しに始めてみた事がきっかけ。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カテゴリ
リンク